見出し画像

iPS細胞から子宮頸がんの増殖を抑える免疫キラーT細胞の作製に成功 順天堂大

 ニュースメディアで、記事を執筆していますが、発信出来ていないものもあるので、試行的にnoteで発信し、需要があるかわかりませんが、一部有料化にして販売したいと思います。

様々なリソースを基に執筆していますので、科学の動向を学ぶ上でタメになると思います。よろしくご参照ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 順天堂大大学院医学研究科と東京大医科学研究所の共同グループが、患者由来のiPS細胞(人工多細胞幹細胞)から子宮頸ガンの増殖を抑える免疫キラーT細胞の作製に成功したと発表した。外科治療や放射線治療など従来の方法に代わる、子宮頚がんの新たな治療法として期待されている。 

この続きをみるには

この続き: 1,465文字

iPS細胞から子宮頸がんの増殖を抑える免疫キラーT細胞の作製に成功 順天堂大

Wataru Omura

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
徳島大総合科学部を卒業後、地元の山陰中央新報社に入社。5年勤めた後、上京し、暗号資産関連のライティング業務に従事した。現在は、SEOライティングやニュースライティングなどライティング業務全般を手掛ける。慶應義塾大学経済学部通信教育課程にも在学中。