「瞬きと私」
見出し画像

「瞬きと私」

アガツマ

あとがきみたいなあとがきでないもの


街を歩く
そこそこに人が飛び交う街
ここは渋谷
耳には大好きなあの音楽

ふと見渡せば白い壁が立ちはだかり
再開発と呼ばれる作業も進んでいないように見えて進んでいるらしく着々と空が狭くなっていく

かつては若者の街と謳われたこの街も
実はもう若者の街では無いのかも

いや、Youtuber沢山いるし若者の街か


ふと目に入り追ってしまう
影のなかにさす光の筋や
ガラスの向こう側に有る植物
窓に映る青空
手を伸ばしても届かない建物
なんだか君に似ていて、ついつい重ねてしまいます


大変だと騒ぐ世界
混乱する日本
見るに耐えないニュース 政治 インターネット
助けを求めて音楽 ネット 君を求める
こんな世界じゃなかったらと何度思ったことだろう
でもこんな世界だから「いつものこと」が輝いて見えた
君に会いたいなとふと思う


拝啓 ………

お元気ですか?
尊敬の好きとか
憧れの好きとか
執着みたいな好きとか…
好きって形がありすぎてなんだか良くわからないけど
大好きなあなたが私にとって特別な存在であること
ずっと頭の片隅で想っていること…

う~ん、
言葉で上手く表せないな

いつかきちんと語源化出来るだろうか
いつか君に伝えられるだろうか
いつこんな世の中が終わるか分からないけど
「また会えましたね!今日も大好きです!」
と笑顔で伝えられるその日まで
「久しぶりだね!元気だった?」
とお互い感染症を気にせず笑い合える日まで
もしかしたら君は私の事が嫌いかも知れないけれど
「落ち着いたし良かったらお茶でも…」
なんて口実を使い会おうと誘えるその時まで

どうかお元気でいてくださいね



アガツマです

超楽しくない夏も終わりましたね
涼しくて好きな服が着れる季節
数年前まで
「あと少しでミスiDが終わる!」
なんて時期だったのに

今回ミスiD2021卒業式を撮影させて頂いたこともあり
ミスiDクラブで連載をさせて頂くことになりました

元々ミスiDヲタクだった身として
卒業式の撮影に加え
こんな形で携われるなんて嬉しいです

余談ですが私は歴代の中でもミスiD2018が大好き
プレエントリーから最後の授賞式まで見ていました
最後のファッションショーと握手会が未だに忘れられない
特典ブロマイドは谷のばらさんだった


「 なぜ渋谷? 」

今年の卒業式は渋谷某所で行われました

スクリーンがあり ステージがあり 客椅子(待機席)があり
本当はここにあなたもいるはずだったんだな
とか思っちゃったりして

また
私の在学していた学校も現在の職場も渋谷にあり
ちょっとだけ思い入れのある場所でした

なので写真や言葉も
あなた渋谷
を照らし合わせながら
スタッフさんと記事を組み立てました

私は言葉を伝える
さらにそれを形に残すのはとても苦手です
「写真を通じて自分を表現する」
なんて言い方もなんだかしっくりこないです
日々試行錯誤してます

でも
それでも
これを機会に私なりに伝えたいと思った

全員と話せなかったけれど
全員のことを撮れなかったけれど
あなたよりも近くにいるなりに届けたいと思った


「瞬きの記録」
君に あなたに 届けられますように


画像1


chapter1

https://missid.kodansha.co.jp/blogs/gallery/210910-mabataki01

chapter2
9/14(火)更新予定

chapter3
9/17(金)更新予定

chapter4
9/21(火)更新予定

chapter5
9/24(金)更新予定

chapter6
9/28(火)更新予定

chapter7
10/1(金)更新予定

chapter8 Last
10/5(火)更新予定


*第1回はクラブ会員(無料)の方だけでなく、登録前の方も試し読みしていただけます。
*ミスiDクラブは講談社の共通IDを使用しています。
id.contentdata.co.jp





撮り終えて
また書き終えて
「ミスiDやっぱり好きだな」
と思いました

ありがとうミスiD

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
アガツマ
少しづつ自己解体をしてみる場所