【2Pick】SOR入りVEC落ちの影響&暫定優先順位【シャドバ】

こんにちわ、メイルマンです。今回は2Pickも新環境が近づいてきたため、簡単にですがSORが入ることによってとVECが抜けることによっての影響をまとめました。少しでも参考になれば幸いです。

また記事後半の有料部分で2Pickリーダーの暫定優先順位とその理由をまとめます。前半を読んで役に立ったと思えれば買ってくれると励みになります。

前半1.全クラス共通&ニュートラル

《SOR入りの影響》

・フォロワーバフ時に発動するカードが増えた

・アミュレットが場から離れた時に発動するカードが増えた

・ニュートラル枠で2ドローカード「雷鳴のギタリスト」が出るようになった(有能であると予想)

・ニュートラルレジェンド枠でPPブーストカード「ラミエル」が出るようになった(強くはないと予想)

《VEC落ちの影響》

・自然シナジーカードのほとんどが提示されなくなる(そのため多くの自然シナジーカードは強く使いづらくなると予想)

・シヴァがいなくなる

前半2.エルフ

《SOR入りの影響》

・強力な確定除去「蜂の襲来」を得る。エンハンスで複数面を処理可能

・「笑顔の破壊者・カーマイン」「ヴァーミンハンター」「ギガントパスチャー」といった多面処理カードを得る

・1コストのバフカードを得る

《VEC落ちの影響》

・バウンスカードが「対空射撃」がなくなることで「森林の狼」だけになる

・ナテラの大樹によるプレイ数稼ぎがほぼできなくなる

・フェアリーシナジーが少なくなる

前半3.ロイヤル

《SOR入りの影響》

・大きなデメリット持ちの高スタッツフォロワーである「ナハトの私兵」が提示されてしまう(大きな難点)

・AOEスペル「麗しき美技」を得る。攻撃できるフォロワーがいる前提の効果

・ほぼすべてのフォロワーを有利トレードし特異な除去耐性を持つ「ファントムデュオ・バニー&バロン」を得る

・ほぼすべての横並べを除去し多面展開もできる「カースドクイーン・ナハトナハト」を得る

《VEC落ちの影響》

・「必中の狙撃士・ワルツ」が落ちることで確定除去がシルバーブロンズで提示されなくなる

・疾走効果を持つフォロワーが3枚落ちる

・レヴィオンの探索者が落ちる

・自然単タイプのカードが落ちる

前半4.ウィッチ

《SOR入りの影響》

・FOHのカードの提示率が下がる(大きな悪影響)

・相手に恩恵を与えるデメリットを持つ「ミラーウィッチ」が提示されてしまう

・SORのシルバーブロンズに土の秘術・土の印関連カードがない

《VEC落ちの影響》

・魔道具専門店が落ちる

・土の印アミュレットと土の秘術カードがブロンズシルバーで1枚ずつ落ちる

・強力な変身効果を持つ「秘匿の魔女・メディア」が落ちる

前半5.ドラゴン

《SOR入りの影響》

・強力なドローカードを複数枚得る。「パンプキンドラゴン」「竜の助言」など

・「竜喰らう禁忌」が追加。比較的発動条件が緩く強力な融合効果と全体消滅が2pickでも強力であると予想

・FOHカードの提示率が下がるため、高コストカードが引きやすくなる

《VEC入りの影響》

・強力な5コストのカードである「ニードルドラゴニュート」「ドラゴンブレイダー」が落ちる

・「フェニックスハウル」が落ち、AOEが減る

・疾走効果持ちのカードが2枚落ちる

・「猛毒のディロフォサウルス」以外のクラスカードでナテラ大樹の供給ができなくなる

前半6.ネクロマンサー

《SOR入りの影響》

・疾走や直接打点カードなど、攻撃的なカードが多く追加される(「ネクロインパルス」「恨みの語り部」など)

・ドロー効果のない葬送カードが増える(「大ツルハシの骸」「暗がりの悪霊」)

・ゲームに敗北するデメリット持ちカードが提示されるようになる

・「トリニティモンスターズ」の追加で大型リアニメイトを行うカードがより強く使えるようになる

《VEC落ちの影響》

・ドローカードである「イグジストソード・ギルト」が落ちる

・獣の霊媒師以外のクラスカードでナテラの大樹の供給ができなくなる

前半7.ヴァンパイア

《SOR入りの影響》

・「享楽の支配人・ボルテオ」が追加。その影響でハイランダーでデッキを組むことに意味が生まれる。効果を発動できれば非常に強力だが困難

・「クラップスデビル」など、回復カードを2種類追加

・単純かつ強力なパワーカード「ルーレットヴァンパイア」が追加

《VEC落ちの影響》

・ほぼすべてのカードが優秀だったためリーサル手段・AOE・除去・ドローカードを多く失う。代表的な強カードは「インサニティマナ」「クドラク」「胎動の魔神」

前半8.ビショップ

《SOR入りの影響》

・ほぼすべてのカードが優秀なため大幅な強化が期待できる

・多くのメリット効果を内蔵し、条件次第で強力なカウントダウン減少を行う「メルティングシュガー・セリーナ」が追加

・「セト」「リボルバーイーグル」などの高コスト高スタッツフォロワーが追加

・「ダーティプリースト」「カインドブライト」といった強力なAOEが追加

・自分の守護の数だけドローする「ホーリーエンチャンター」が追加。これによりリソース不足が大幅に改善されると予想

・守護の割合が高くなる

《VEC落ちの影響》

・VEC落ちによりピックの方針が守護シナジーに寄せやすくなった

・疾走効果持ちのカードが大幅に落ちる。「ミュースプリンセス・ミルフィ」など

前半9.ネメシス

《SOR入りの影響》

・「カオスルーラー・アイシィレンドリング」が追加。これにより直接召喚からの全処理2面大型展開が可能に。フォロワー破壊数を20枚にさせない動きなどを強要できる

・「廃品の選別」と「機器による設計」が追加。やや癖のあるカードだが手札不足に役立つはず。

・新カードの低コストの割合がかなり大きく11枚中2コスト以下は7枚・うち0コストが2枚。ドローカードは新規で追加されているが低コストカードの取りすぎがないように注意が必要。

・アーティファクトを生成するカードの追加はブロンズシルバー0

《VEC落ちの影響》

・「アブソリュート・モデスト」「アーティファクトコール」といったアーティファクト関連カードが複数落ちる

・「ラグナアウェイク」「マキシマムメタルゴリラ」といったリーサルを大幅に早めるカードが落ちる


後半1.次環境の暫定クラス優先順位

まず有料部分の追加をしていただきありがとうございます。早速ですがクラス優先順位から紹介していきます。(同時にそのリーダーがFOH環境で何位の優先度だったかも記載します。)

1位.ビショップ(前期8位)

2位.ウィッチ(前期1位)

3位.エルフ(前期5位)

4位.ロイヤル(前期2位)

5位.ドラゴン(前期7位)

6位.ヴァンパイア(前期4位)

7位.ネメシス(前期6位)_BANリーダー

8位.ネクロマンサー(前期3位)_BANリーダー

※BANリーダーは大会で提示されても使わないリーダーです。

後半2.1位の理由

ビショップ

ビショップは前期8位としていましたが、使わない理由の大きな理由に「ドローカードが足りない」というのがありました。追加されるカードは直近3パックともそれなりによいものを貰っていますが、強くて低レアリティなドローカードを貰えていませんでした。そこに今回のパックで「ホーリーエンチャンター」が追加されたことで事態は一変しました。自身も守護を持つため他に1体でも守護がいれば2/1/2で2ドロー以上という破格の性能になります。しかも前々から守護カードは貰い続けていたうえ今回も5枚の守護フォロワー(「清浄の領域」を含めれば6枚)を受け取ったためこのカードのドロー性能は歴代のドローソースの中でも1,2を争うほどの強さです。

また今回のビショップのカードほぼすべてが「純粋にパワーの高いカード」で構成されており、おそらく「清浄の領域」以外のすべてのカードが他のパックの類似カードよりパワーがあります。しかもそれらのカードが提示率が上がってる状態でpickできるため、前期ウィッチのような暴れ方をする可能性が高いとみています。ちなみに清浄の領域も強いカードではあるのですが、小型の回復カードをピックしたりアクセラレートを使って回復する動きが弱いと考えているため評価を落としています。研究されればpickでも有用に使える可能性はあります。

後半3.2位の理由

ウィッチ

FOHのカードが強いのと落ちたカードが魔道具専門店と静寂の実験室以外影響しないと考えているためこの順位ですが、SORのカードだけ見れば質はかなり低いです。レジェンド2枚がコンボ前提である点・ブロンズに大きなデメリット持ちカードが存在する点など弱い部分が出てしまっています。

ただし「マーシャルゴーレム」などのゲームを動かすカードもきちんと存在するためpickに慣れれば前期に近いレベルで強く使えると思います。

また前期に比べてポーションウィザードやフューチャービジョンはそれなりに出にくくなっています。とくにフューチャービジョンは優先度を大幅に上げることをおすすめします。

後半4.3位の理由

エルフ

まず大きな改善点として処理カードの増加が挙げられます。以前は横に並べることと顔を詰めること以外はやりにくいリーダーではあったのですが、今回複数面処理のカードが4枚ほど追加され、受けの動きが強くなりました。

またフォレストパトロールの獲得により、ビショップほどではありませんがリソース面の改善が見られたためより安定した動きができると思われます。

カードのシナジーを効率よく利用するためにもアクセラレートシナジーとバフシナジーのバランスをとることが課題になりそうです。

後半5.4位の理由

ロイヤル

ロイヤルはウィッチ同様にデメリット持ちカードが提示される恐れがあるという問題を抱えてしまいました。「ナハトの私兵」のような「取ってはいけないカード」が存在することは単に弱いカードが提示されることよりも不自由を感じさせるため順位を大幅に下げました。また複数面除去・大型除去ともに不安を感じさせます。

しかしゴールドレジェンド枠のカードはどれも一級品なため、強い高レアリティカードと戦える低レアリティカードに恵まれれば上位リーダーとも張り合えるポテンシャルはあると思います。

後半6.5位の理由

ドラゴン

ドローソースが豊富になった点やちゃんと高コストカードがもらえた点、低コストが多かったFOHの提示率が下がった点などがかみ合っていると考えてこの順位にしました。抜けたカードのダメージがそこまで大きくなさそうなのも評価点です。

後半7.6位の理由

ヴァンパイア

追加されたカードはそこそこだったのですが、VECのカードがかなり強くダメージが大きいと考えてこの順位にしました。レジェンドゴールドがコンボ前提のカードで埋まったのも大きいです。

しかしシルバーで有能な回復カードを貰っている点やブロンズはどれも優秀な点は評価できるため、人によってはドラゴンより上の順位はあり得ると思います。

後半8.BANの理由(7位&8位)

7位.ネメシス

あまりにも低コストが多すぎる点、VECのカードがそれなりによかった点などが7位(BAN)の大きな理由です。カードパワーが低すぎてビショップやウィッチに勝てる想像ができませんでした。

8位.ネクロマンサー

ゴールドレジェンドに「ノーライフパーティ」が提示されるデメリットがあまりにも大きすぎる上、新カードが全体的に構築のアグロネクロのパーツばかりで2pickで運用して強そうなカードが少なかったためこの順位です。

最後に

ここまで見てくださりありがとうございました。

もし2pickに関して情報交換したい方、対戦したい方がいたらtwitter@2pickJ15までdmやリプお願いします。









この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。