見出し画像

PdMからのジョブチェンジ

タイトルの通り、PdM(プロダクトマネージャー) からジョブチェンジしてみました。今度のチャレンジはいわゆる CS(カスタマーサクセス) です。

理由はわりとシンプルで

toB SaaS 領域でPdMをやっていく上では、顧客に一番近い場所で働く経験をした方が良さそう、と感じたから

です。

極端な話、toB SaaSの領域であれば、ユーザー(≒クライアント)に一番近いであろうセールス出身者がPdMになるのが最強では?くらいに思ってます。もちろん、プロダクト開発のイロハは学ぶ必要ありますが。

・・・

PdMの職務領域を ビジネスとデザインとテクノロジーの交差点 として捉えたときに、それぞれの領域のどこかからキャリアをスタートする人が多いと思います。

画像1

↑PdM界隈では有名な例の図

わたしはゲームプランナー→プロデューサー/マネージャー→プロダクトマネージャー(HR領域)というキャリアを歩んでおり、ここ1年半ほどPdMとして仕事をする中で、とくにビジネス周りの知識・スキルセットが圧倒的に足りてないと感じることが多くありました。

デザインとテクノロジーは分からないなりに自分で勉強してみて、業務上の会話ができるくらいには理解していたつもりです。(こんなこと書くと、「いやいや、全然分かってなかったでしょ」って怒られるかもしれないですが…)

ただビジネスについては、なかなか実感値を持てず、正直なところ「うーん、よく分からんなぁ」と日々悩むことが多くありました。これはたまたま私がゲームというエンタメ領域からHR領域に飛び込んだため、余計にそう感じることが多かったのかもしれません。

もちろん理解するために、営業同行してサービスが使われている現場を見に行ったり、少し抽象度を高めていわゆる経営戦略から学んでみたり、色々やってみました。

ただどうしても今後PdMを、とくにtoBの領域で続けていくのであれば、どこかのタイミングでユーザー(≒ クライアント)に近い場所で仕事をする必要があるなと感じ、このタイミングでトライしてみることにしました。

もちろん、実際に経験することがマストってわけではありません。「人によりけり」と思ってます。

PdMをやっていると「ユーザーの立場から物事を見る、考える」ということが何度も求められるのですが、その際のアプローチとして「観察」と「経験」という2つの方法があると思います。ユーザーインタビューなどを通して追体験するか、実際に自分で体験するか、です。

どちらが優れているという話ではなく、あくまで2つのバランスです。

私の場合、この1年半くらいPdMをやる中で、「観察」だけじゃどうしても限界があるなーと感じたため、今回のような意思決定をしてみました。

・・・

こう書いてみると大層なキャリアチェンジの意思決定に聞こえますが、根本的には カスタマーサクセスもプロダクトマネージャーも「良いモノを作る」って文脈では地続きになっている と思っています。

「ビジネス と プロダクト」とか「企画 と 開発」みたいな二項対立を作らず、そのへんの領域を行ったり来たりできるような人になれると良いなーと、ぼんやり考えています。界隈の人はどうぞ引き続き仲良くしてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やったー!
2
インターネットとお酒が好きです。グリー → ビズリーチ → プレイド