アクセルを他人より深く踏む他に自己実現はできんのか君?

画像1 筆ペンなぐり書きによる戯歌シリーズ。街中でよく見かけるので。渋滞時に発進を遅らせて作った数十メートルをローギアでひっぱり2速に入れたところでブレーキをかけてる人とか見るとある種のもの悲しさを感じてしまう。個人の自由だといえばまあその通りではあるんだけど、多くの楽しみごとにあるような「制約の中にこそ広がる楽しみの宇宙」みたいなものが感じられなくて、全然楽しそうにみえないのよね。あと前後にいると地味にこわい。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部教授。ブロガー。おもしろがりすとにして戯歌師。Twitter: @HYamaguchi