衣服への感情がデカすぎる

自分は衣服への感情がデカすぎるのではないか―――散らかったクローゼットを視ながらぼんやりと思った覚えがあります。
おしゃれとかじゃなくて単にコレクター気質なんだと思うんですけど、とにかく服が好きなんですよね。欲しいと思ったら色違いでも欲しいですし、オフ会などの特別なお出かけの時は着て行った服をメモって、次回は被らない組み合わせで行くよう留意することもあります。
他の人の服は特に興味はなくて、おしゃれしている方には目行きますけど、そうでないなら、まぁ別に…というスタンスです。
※なお筆者が住んでいる近所は古着屋が豊富で、服が安価で無限に買えるバグが局所的に発生しています

それでこの春に環境が変わりまして無限に服を貯められる状況ではなくなりました。
しかし、売りたくはない。買った時に激安で買っているということは売る時も相応の値段なんですよね。しかし古着系+一部DCブランド系が好きなため流行というものがほぼ存在しない……。

悩みに悩んで売れそうなものは古着屋にどかっと出しました。それでも溢れている服、服、服……。
さらに悩みまして、人にただで譲るということになりました。魂としてはこれが一番楽でした。物品への愛着なんて所詮個人的なものでしかなくて、それが商売というルートに乗った途端タダ同然とジャッジされるのが苦痛だったんでしょうね。
とにかく私としては自分の手を離れさえすればよく、フォロワー!服いらねぇか!と私が叫んでいた時はお声掛けください。(相手にもよります)

アニメ系グッズはある程度セーブ効くというか、これだけ!を手に入れたらそれで終われるんですけど、服だけはどうしても好みの変化が流動する上に顕著なんですよね。こだわりが強いというよりは、自分との闘いです。
お金の制限も出て来たことだし、いっそジョブズのように黒のタートルしか着ない!みたいにできたらスマートですけど、一生無理だろうな……。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまでお読みいただきありがとうございました。よろしければサポートのほどよろしくお願いいたします

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。