見出し画像

③福島で田植え体験[今年度を振り返る]

今年度は自分の世界が格段に広がった年でした。なんと言っても福島県の村との交流が一番自分を変えてくれたと思います。福島の村との交流が始まったきっかけは五月に行われた田植えイベントです。学校で田植えイベントに関してのポスターが貼ってあり、以前から農業に興味があったのでイベントに参加することにしました。福島県に友達が出来るかもしれない!と思っていましたがほとんどの参加者が年上でした-_-。

学校としての田植えのツアーの行程は一日目は学校が終わった後そのまま福島まで新幹線で移動し、そこから現地の方の車で移動しました。そして温泉施設で入浴と食事を済ませ、翌日田植えが行われる田んぼの近くのゲストハウスまで移動して一日目の主な移動は終了です。しかし本当の福島ツアーはこれからでした。23:00からゲストハウスの庭でキャンプファイヤーを行いマシュマロを焼いたり花火をしたり、そしてヲタ芸も披露しました。25:00くらいから室内に入りお菓子を食べながらウノ、トランプ、ウノ、トランプ•••。結局その日は寝ませんでした。人生初の徹夜です笑。

二日目は田植えイベントの会場に前乗りして会場の設営を行いました。そこで村のおじいちゃんやおばあちゃんのお手伝いをしたのですが、みんな元気で力が強かったのが印象に残っています。その村は震災後、一時帰宅困難区域になっていた地域でお手伝いをしたおじいちゃんやおばあちゃんは帰宅困難区域の指定が解除された段階で村に帰ってきた人達です。震災の事を感じさせないほど元気で私たち学生に優しく接してくれました。

田植えをするのはその日が初体験で、驚いた事がたくさんありました。まず田んぼに入る段階では沼に入って歩く感覚が思ったより気持ちいいと感じた事です。気持ち悪いと感じる人も少なくないと思いますが自分にとっては好きな感覚でした。次に植える段階、苗を土の中に植えようとしても全然まっすぐ立たなかった事です。村の人に何度も教わりましたが全く立つ気配はなく、うまく立たせるまでにとても苦労しました。本当に長年培った感覚が大事なのだと感じ、村のおじいちゃんやおばあちゃんたちがいかに凄いのか実感しました。

たった二日間でしたが幅広い年齢の方と様々な話ができたり田植えを初体験できたり、とても充実してだと思います。福島に対しての印象も大きく変わりました。

このイベントの他にも何回も福島の村を訪れました。それについても書く予定たなのでよろしくお願いします。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
皆さんこんにちは!ち〜のと申します!気ままにあった事や感じた事を投稿するのでよろしくお願いします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。