見出し画像

子どもたちの未来をいっしょに見守る仲間になりませんか?

HUG for ALL

こんにちは。HUG for ALLのあゆ(スタッフ兼HUGメンバー)です。

今日でHUG for ALLは団体設立から4周年を迎えました!
わたしたちは、施設の職員の方々、そして多様な“信頼できる大人たち”と力を合わせて、児童養護施設の子どもたちが「安心できる居場所」を見つけ、「生きる力」を身につけることができるよう活動を行っています。

虐待やネグレクト、経済的困窮など、様々な事情で家族と離れ、社会的養護のもとで暮らす子どもたちがいます。その数は全国で約4.5万人、そのうち半数以上が児童養護施設で生活しています。

彼ら彼女らは、多くの場合、高校卒業と同時に施設を出ます。大学や専門学校に進学するには、学費に加えて、生活費を自力で工面しなければなりません。保証人も立てられない、頼る親もいない状態で、18歳から自立して生きていくことが求められるのです。

子どもたちは社会に出てから、さまざまな壁に直面します。一人で悩んで、苦しんで不安や孤立感に押しつぶされそうになる子どももいます。でも、そんなときに支えてくれる「信頼できる大人」がいて、いっしょに考えたり、悩んだりしてくれたら。大人の知恵やネットワークで解決できることも増え、不安や孤立感も減っていくはずです。

そこで、わたしたちHUG for ALLは、ともに子どもたちを見守り、支えてくれる仲間を増やしたいと考えています。社会的養護のことや子どもたちのことを「知る」ところから始まり、それぞれが心地よいかかわり方を選べるようなコミュニティをつくりたい。
今回は、はじめの一歩として、そんな「HUGコミュニティの仲間」になってくれる人を募集するキャンペーンです。

わたしたちが目指していること】

「HUGコミュニティの仲間になる」はじめの一歩として、500円の寄付をみなさんにお願いしています。寄付を通じて、HUGコミュニティの仲間になりませんか?

10万円を1人からいただくのではなく、
500円を200人からいただくことにチャレンジします。

200人が、「自分に何かできたら」、と子どもたちの未来に思いを馳せている。子どもたちを見守るまなざしの輪が500人、1000人...と広がっていく、そんな社会をつくっていきたいと考えています。

寄付いただいた方にはHUG for ALLから、社会的養護のこと、活動のこと、これからのこと、3通のメッセージメールを送らせていただきます。

昨日よりも一歩、「知る」が広がった世界をみなさんと共有できたらと思います。

子どもたちの未来をいっしょに見守る仲間になりませんか?
ワンコイン寄付で応援する >

4周年記念イベント「HUG Meet 2021」を開催!

社会的養護のことや、私たちHUG for ALLの活動内容をより多くの方に知っていただくイベントをオンラインで開催します!

「社会的養護について知りたい」「児童養護施設の取り組みに関心がある」「子どもや教育に関するボランティアに興味がある」など、社会的養護や児童養護施設、HUGの活動に関心のある方はどなたでも参加可能です。
途中参加・耳だけ参加も大歓迎です。
お友達を誘って、ぜひ気軽にご参加ください。

----------------------------------------------------
「HUG Meet 2021」ご案内
----------------------------------------------------

■日時:12/25(土)14:00~15:30
■実施方法:オンライン(Zoom)
■申し込みフォーム:https://hug-meet-2021.peatix.com
■内容:①社会的養護を取り巻く環境
    ②HUG for ALLのこれまでの歩み
    ③子どもたちとのストーリー
    ④わたしたちが目指すHUGコミュニティ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!