【HUGノート】「はじめまして」の一日
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【HUGノート】「はじめまして」の一日

こんにちは。HUG for ALL代表のあややです。

10月10日はHUG for ALLにとって記念すべき一日でした。念願の「2施設目支援」がスタートしたのです!2022年度からの本格開始を目指して、コロナ禍の今年度は対象のお子さんも少し絞り、1時間に3〜4人×3グループでの活動です。

リアルに会うのは1年数カ月ぶり…!

1年半以上も一緒に活動しているのに「はじめまして」のHUGメンバーがいるという状況で、最初の集合時からみんなのテンションは高め(笑)。私も余裕をもって30分前に集合場所に行ったのに、5分もしないうちに半分以上のメンバーが集まってびっくりでした!

支援先施設は駅から10分程度。みんなで話しながら現地に向かう感覚も久々です。前日も当日も体調・体温の確認をして、不織布マスクもして、コロナ対策も万全!現地でもアルコール消毒をして、万が一がないように慎重に活動を開始しました。

はじめまして!ドキドキの「名札づくり」

初回ということで、まずは名札づくりをしながら、子どもたちにHUG for ALLと過ごす時間に慣れてもらうことから始めました。「どんな子が来るのかな?子どになるもたちが楽しむ場にできているかな?」とドキドキです。

準備時間には、名札セットや大量のシールやマスキングテープなどを並べながら、みんなでこれからの進行をおさらい。

実はその時点で会場をのぞきに来た女の子が「だれー?」とみんなに声をかけてくれたのですが、想定外の質問に「えっと〜」とHUGメンバーみんなで固まってしまいました。

その子が「あ、そっか!今日13時からくる人か★」と一人で納得してその場を立ち去った瞬間、みんなが一息つくのを感じて、改めて「はじめまして」の緊張感がみなぎっていることを感じました。

画像1

1グループ目は小3〜小6の男子1名、女子3名の4名チーム。最初こそ少しぎこちなく、子どもも大人も緊張感でいっぱいでしたが、子どもたちに今日ペアになる大人を紹介すると、子どもたちみんなが恥ずかしそうな笑顔で、それぞれ「よろしくおねがいします」とか言ってくれました。

そこから名札づくりを始めたのですが、みんなのこだわりがすごい!どのシールやマスキングテープをつかえばいいか、どう組み合わせると素敵なのか、オリジナリティあふれた作品ばかりで見ているこちらが楽しくなりました。

2グループ目の年中さんから小1の男子チームも、3グループ目の小2女子チームも、それぞれ個性にあふれた名札をつくってくれて、さらにいっしょに活動していた大人の名札もつくってくれました。

子どもたちみんなが作ってくれた本日参加のHUGメンバーの名札はこちらです!(一部大人自作の名札もあります)

画像2

こうやってみると、子どもたちの作ってくれた名札の創造性や個性の豊かさを改めて感じます。大人はついきれいにまとめしまいがちですが、子どもたちのあふれる個性の魅力にはかなわないな〜と思います。

新しく出会った10名の子どもたち。これから彼らの強みや可能性をたくさん見つけて、施設職員の方々といっしょに、一人ひとりの子どもの未来を信じて、支えていきたいと考えています。

次の活動は翌週日曜日。みんなで「ハーバリウム」に挑戦したので、今度はそのときの様子もレポートしたいと思います!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「すべての子どもに安心できる居場所と生きる力を」 HUG for ALLでは、児童養護施設等でくらす子どもたちに対して、社会人ボランティアによる「生きる力」を育むための体験プログラムの提供を行っています。 https://hugforall.org/