見出し画像

保護者様との協力体制

こんばんは、家庭教師の 大志 と申します

私のnoteをご覧いただき、誠にありがとうございます


突然ですが、私は家庭教師として

目の前の生徒さんに全力投球はもちろんですが、

同じくらい「保護者のみなさまのお役に立ちたい!」

「保護者様と協力して、生徒さんの学習を前に進めたい!」

と考え、日々この仕事をしています


この仕事を始めたころは、保護者様と年齢が遠く、私自身の経験も浅かったため、なかなか良い関係を築くことができていなかったと思います


8年前に家庭教師として独立し、ご家庭で保護者様とお話しする機会が塾在籍時より多くなり、また年齢も近づいてきたこともあり、本当に良いお付き合いをさせていただいてきました

現在も、生徒さん・保護者様とお食事したり、お父様と趣味の話をしたり、飲みに行ったり、カラオケ行ったり・・・

お誘いいただき、とても嬉しく思います^^


今回は、保護者様とどんなコミュニケーションをとっているか紹介させていただきます


保護者様とのコミュニケーション


家庭教師の指導後は、

毎回10~20分の指導内容報告の時間を頂いています

「その日の授業内容や授業中のご様子」を報告、「今後の方針」の説明、「日ごろの学習の様子」「学校のイベント予定」などのヒアリングを行い、次週の指導内容の参考にしています


また、

中学受験を目指すご家庭とは、

事前に指導で扱う内容も相談させていただいております


特に、塾に通われているご家庭とは、

「その週の授業内容、わからない問題」

「模試や確認テストの結果」

「生徒さんのモチベーションのヒアリング」

「次のテストまでのスケジュール、計画」

などを打ち合わせ、指導に向かいます


塾の方向性と私がちがうことをしてしまうと

生徒さんが混乱してしまうからです


保護者様にご協力いただく


私は、家庭教師の指導は、

生徒さんが指導日以外で

『しっかり学習する』ための【きっかけ】

であると思っています


一週間168時間のうち、指導できるのは2~4時間ほど、それ以外の時間に計画的に学習していただくため、

毎回「一週間の課題スケジュール」も作成しています


指導内容と家庭学習のつながり

家庭教師になってからよく考えるようになりました


小学生の生徒さんは、

計画表通りにひとりで進められない場合、

保護者様に管理していただくことがあります


保護者様にご協力いただくことで

私がご家庭に行けない週6日間も円滑に学習が進みます

日々、メールやチャット等でご相談いただき、意見をすり合わせているので上手くいっていると考えています


お母さまの補習で算数が絶好調!


今年の2月から担当している小学5年生のご家庭のお話です

2月と3月の初旬は計算ミスが多く、理解している内容でも塾の確認テストでよく失点していました


そこでご家庭で「毎日計算練習する」ことを提案し、お母さまと毎日の計算特訓が始まりました

約一か月続け、4月に入り『立体図形』『水量:体積』『速さ』の問題すべてで正答率が高く、最後の応用問題に時間をかけることができ、6年生の解法の下準備もできるようになりました

(正解していた問題は、生徒さんに「先生役」になっていただき私に説明してもらいます。理解が不十分と思われるところは深く扱います)

先日、これで満足せず、受験まで「計算を大切に!」と生徒さん・お母さま・私で確認しました



塾講師のときは、

「塾に任せておいてくだされば大丈夫!」

と自分自身思っていました


保護者様と協力できれば、

指導時間にできることが増える!

と知りました^^


ーーーーーーーーーー

ご家庭で算数を教えている保護者様のお役に立ちたい!

新サービスを始めました!!

『20分家庭教師オンライン』の

紹介ブログです↓

https://ht-assist-education.muragon.com/entry/134.html












ありがとうございます!とても励みになります(^^)
1
中学受験対策が中心の家庭教師をしております。「塾なし」「小5・6からのスタート」「スポーツなど習い事と併用」する生徒さんを数多く担当してきました。家庭教師Project代表。20分指導のご予約は→https://ht-assistonline.resv.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。