友部 博教(HRMOS WorkTech研究所 所長)

東京大学大学院で博士号を取得後、名古屋大等でコンピューターサイエンスの学術研究に取り組む。2011年、DeNAに入社し、マーケティング分析やピープルアナリティクス施策を担当。メルカリの人事を経て、ビズリーチに入社。タレントマネジメント室と現職を兼任。ディズニーが大好き。
固定された記事

退職率15%の世界

こんにちは、HRMOS WorkTech研究所の友部です。今回は皆さんが特に気になっている人事のテーマである「退職」、特に「退職率」の話をします。 人事データの中でも、比較的…

従業員サーベイが「大変」なのはなぜか?

こんにちは。HRMOS WorkTech研究所の友部です。 今回は従業員サーベイ(アンケート)の話です。組織の課題発見や従業員の方々のコンディションを把握するに当たり、従業員…

「ELTV(従業員生涯価値)」の最大化を考えることで人事に何ができるか?

こんにちは。HRMOS WorkTech研究所の友部です。 私は人事の方々とお話する機会も多いのですが、みなさん、様々な業務に対応し、忙しい日々を送っていらっしゃいます。 な…

「リファラル採用」は本当に効果的なのか?Visionalの人事データを基に検証してみた

こんにちは。WorkTech研究所の友部です。 私自身、現職も前職もリファラル採用により入社しました。リファラル採用とは自社の社員紹介による採用のことを指します。人とな…

人事領域に「KPI設計」が必要な理由

こんにちは、WorkTech研究所の友部です。 前回は「ハイパフォーマー分析をどこから始めるか」について書かせていただきました。パフォーマンスについての定義が決まれば、…

「ハイパフォーマー分析」をどこから始めるか

こんにちは。WorkTech研究所の友部です。 人事でデータ活用や分析をしていると、退職分析と同じくらい相談を受けるのが「ハイパフォーマー」に関する分析です。「そもそも…