HRMOS採用 カスタマーサクセスチーム
正解が見つからないときに、一緒に探す仲間のいる場所。コミュニティ「ハーモスラボ」に参加する価値とは?|ハーモスラボリーダーインタビュー
見出し画像

正解が見つからないときに、一緒に探す仲間のいる場所。コミュニティ「ハーモスラボ」に参加する価値とは?|ハーモスラボリーダーインタビュー

HRMOS採用 カスタマーサクセスチーム

みなさんこんにちは!ハーモスラボ運営チームです。

今回は、関東のハーモスラボリーダーとして活躍してくださっている、株式会社プロレド・パートナーズの小磯 優太さんにインタビュー

※ハーモスラボリーダーとは
「ハーモスラボ」という人事のためのコミュニティの企画・イベントの運営をしてくださっている、HRMOSのユーザーの方々です。別の会社に所属される人事の方が力を合わせ、人事のコミュニティを作っています。

▼インタビュー内容
・「人事」の仕事に対する想い
・ハーモスラボのリーダーとしてコミュニティに対する想い

ハーモスラボの運営に携わる人事の方々が、人事の仕事にどのように向き合っているか、またどのような想いを持ってハーモスラボに参加しているかを知っていただけたら嬉しいです!

小磯さんプロフィール

画像1

お名前:小磯 優太
部署名:人事本部
役職名:マネージャー
業務内容:SaaS事業の人事関連何でも、新卒採用、中途採用 他

本当に価値がある選択をする、後押ししたい

-- 小磯さんはもともとエンジニアとしてキャリアをスタートされたんですよね。なぜ人事の仕事に興味を持たれたのですか?

正直ベースで言うと、「スーツで飛行機とか新幹線乗ってみたい!」という想いから人事を志しました(笑)。その当時は、まだまだ人事とはどんな仕事なのか?何をやるのか?は知らずに、何となく”出張がある仕事”という印象があった程度だったんですね。私が前職でエンジニアとして担当していた仕事は、プロジェクト先に常駐しており、働く場所や仕事で関わる人がある程度固定されていることが多かったからか、物理的にいろんな場所で仕事したり、いろんな方に関わりながら仕事したり、という環境に憧れを持っていたのかもしれません。

-- 小磯さんらしい理由ですね!(笑)実際に人事にキャリアチェンジされてみて、現在は人事の仕事をどのように捉えられていますか?

人事とは経営の右腕として経営者が事業に専念できるように、人に関わる課題を全て引き受ける仕事だと思っています。社内外問わずに様々な人と向き合う仕事であり、必ずしも正解や方程式があるわけではないため、非常に難しいと感じます。頭の中でどんなに考え抜いても、最後の最後で人の顔が浮かび、一筋縄ではいかないこともあります。そんな大変な仕事だからこそ、人がやる必要があるのかな、と。

-- そういったなかで、小磯さんが人事として特に心がけていることはありますか?

大切にしているのは、とにかく対等な目線で向き合うことです。特に新卒採用だと、学生から見た企業の人事は「自分のことを見定めてくる人」のように立場を上に感じてしまうことが多いと思うので、人事である自分自身も情報や考えについてはさらけ出せる部分はさらけ出すことを心掛けています。それによって、できる限り相手の素の部分や性格を感じられるようにしたいですね。それによって候補者の本質的な部分が引き出せることも多いと思っています。入社してから「やっぱり違った・・・」とミスマッチになるのはお互い悲しいので。。。

画像2

写真:オフィスで働く小磯さん(ハロウィン仕様)

また、その人にとって本当に価値があることを選択してもらうための後押しは惜しみなく行っています。これは人事として以前に、私が人として大切にしていることかもしれないです。

自分で決めて失敗したことは納得できるけど、人に決められて失敗したら納得できないので・・・。例えそれが自社を選択してもらえないことにつながる可能性があるとしても、候補者を含めた全ての方に対して、本当に価値のあることを提案するようにしています。

「知ること」にマイナス要素はない

画像3

-- 小磯さんは前職で人事をされていた頃から、登壇者や運営としてハーモスラボに参加してくださっていましたよね!ハーモスラボのような「人事のコミュニティ」の存在についてどんな価値があると思いますか?

私はまだ人事の経験よりもエンジニアの経験の方が年数としては長く、人事としてのスキル・経験が不足していると感じています。人事には「免許」のようなものが存在せず、どのくらいのスキルや経験があったら良いかなどの基準がないので、人事としての自分のレベルがどのくらいなのか、すごく実感しづらいところもあります。

そのため、他社の情報から、経営方針・人事方針などのパターンなど多く引き出しを持っておき、自社がどのくらいの立ち位置にいるのかを理解することが大切であり、成長に必要なことだと思っています。

世の中にどんな人事がいるのかっていうのをもっと知りたいです。知ることによるマイナスは何もないじゃないですか。

また、ハーモスラボ内でもよく聞く声ですが、ぼっち人事って多いと思うんですよね。扱っている情報や業務内容も非常にセンシティブなので、社内で悩みを相談できないことも多いと思うんです。業務上考えていることを共有する場があるんだということだけでも、この活動に意味があると思っています。

1歩踏み出すためのきっかけとなる場所にしたい

-- いろんな人事のコミュニティが存在するなかで、「ハーモスラボならではの魅力」は何だと思いますか?

画像4

参加者が「HRMOSを使っている」という共通項があることって意外と大きくて、1つでも共通項があることによって参加者同士が距離を縮めやすいです。

あとは実感としてですが、HRMOSはATSなので、ハーモスラボをキーに普段の採用活動を振り返ることにより、転換率を含めた”数字”と向き合うタイミングにもなります。人事の方々は忙しく、なかなか普段から数字を見ながら採用戦略を立てられていないことも多いと思いますし。HRMOS採用のCSの方が運営サポートをしているので、土台がしっかりしている安心感もありますよね。CSなんだから使い方とか活用方法を知ってるでしょ?って(笑)

また参加者から希望者を募って、いろいろな役割を回してみんなで運営しているのも魅力の1つです。イベントの登壇者や司会者にユーザーのいろんな方を巻き込みながら運営しています。

図1

写真:普段から活動を共にしているハーモスラボのリーダー達と

--今後、ハーモスラボをどのようなコミュニティにしていきたいですか?

人事は人間を相手にする仕事なので、正解が存在しなかったりノウハウがそのまま使えなかったり・・・というケースも多々あると思います。自分ひとりで考えても、人事部門の中で考えても、どうしても前に進めない時に、他社の人事と接触できる場があることは非常にプラスになります。

もちろんハーモスラボに参加したからといって、必ず求めているものが見つかるとは限りません。ただ、やはり自分に持っていなかった視野であったりヒントになるもの、後々何かのキッカケになることが得られることは多くあるので、ハーモスラボをそんな場所にしていきたいですね。

参加していただくからには、1つでもいいからプラスにして帰ってもらいたいと思っていますので、ぜひイベントや交流会にご参加ください!

編集後記

お茶目な写真が多いですが(笑)、小磯さんはとても「真面目」な方だと、今回のインタビューを通して改めて感じました。「求職者」にとっての最良の選択をサポートをするために、対等な立場に立ち、本音を引き出す。理想の人事像の一つでもあると感じました。

小磯さんのお話にもあった通り、人事の方が悩みながら会社と求職者との間に立っているケースは多々あると思います。ハーモスラボが、悩んでいる人事の方が一歩でも先に踏み出せるきっかけとなると良いなと、心から思います。

「コミュニティに参加したことなくて、なんとなく参加しづらい・・」
「初対面の人事の方とのコミュニケーションのとり方が不安です・・・」
などの気持ちお持ちの方もご安心ください!
写真の通り、ムードメーカーである小磯さんを含め、素敵な人事の方々がたくさんいるコミュニティです!

皆様のご参加、お待ちしております。

***

▼ハーモスラボのリーダーインタビューを見る

▼ハーモスラボイベント一覧



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハーモスラボのtwitterで最新情報も更新してます!♡
HRMOS採用 カスタマーサクセスチーム
採用管理クラウド「HRMOS採用」のカスタマーサクセスチームが、明日から使えるHRMOS採用活用術や採用ノウハウをお届けします!