【頼りになる彼】(離婚のツボとコツ)

*この記事は、『離婚のツボとコツがゼッタイにわかる本』(秀和システム、2016)の絶版に伴い、著者が「第1章4節:妻失格!親失格!と言われたのですが・・・のコラム:頼りになる彼」に一部加筆して掲載しているものです。

 私が困っていると、「そんなこともできないのか、可愛いなぁ」と言いながら、グイグイ引っ張ってくれて頼りになる彼。そんな彼と結婚してみたら、実は人格を攻撃してくるような暴言を吐き、相手をコントロールすることを好む人間だったというケースも、すくなからずあるようです。
 当時、頼りになると感じたものは、相手に頼らせることでしか自分の価値を実感できず、そのために他人を自分よりも下に位置付けて庇護・支配したがる、彼の弱さだったのかもしれません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
弁護士・精神保健福祉士・AFP/元スクールソーシャルワーカー/離婚をはじめとした家族問題に関するお仕事と,支援者の一員としてケース支援に加わるお仕事が多いです。