コ2 [kotsu] note分室

ここでは、日貿出版社が運営する、武術と身体のコツまとめ、WEBマガジンコ2【kotsu】のコンテンツを有料で公開しています。詳しくは本室・コ2【kotsu】WEBサイト(http://www.ko2.tokyo/)でご覧ください。写真はコ2note分室室長のチョークディです。

コ2【kotsu】『システマ随想』 著・北川貴英

WEBマガジン コ2【kotsu』で連載中の、システマ公認インストラクター・北川貴英氏による『システマ随想』まとめです。

  • 13本

システマ随想 第十一回 ヴラディミア・ヴァシリエフ 第1回

この記事は無料です。 ロシアン武術「システマ」の公認インストラクターである、北川貴英氏が書き下ろしで語る、私的なシステマについての備忘録。第11回目の今回からは、北川貴英さんのトロント訪問記を連続でお送りします。既にシステマを学び始めて10年という北川さんにとって、今回のトロント訪問は、ご自身にとってもマイルストーンとなる訪問だったようです。 システマ随想第十一回 ヴラディミア・ヴァシリエフ 第1回 文●北川貴英 思い起こせば10年前……2016年10月に3週間ほどト

スキ
2

システマ随想 第十回 肺を開けばなんでもできる。システマ界のセカンド・ウィンド「第2の呼吸」

この記事は有料です。 ロシアン武術「システマ」の公認インストラクターである、北川貴英氏が書き下ろしで語る、私的なシステマについての備忘録。第10回目の今回は、現在システマ関係者で話題になっている「第2の呼吸」についてです。呼吸と言えばシステマの根幹を成すメソッドですが、そこになにがあったのでしょう? システマ随想 第十回 肺を開けばなんでもできる。システマ界のセカンド・ウィンド「第2の呼吸」 文●北川貴英 新たなセオリー!? 第2の呼吸とは何か? “鼻から吸って口か

スキ
4
有料
150

システマ随想 第九回 「対談 ミカエル×藤田一照 禅僧の目に映ったシステマ」

この記事は有料です。 ロシアン武術「システマ」の公認インストラクターである、北川貴英氏が書き下ろしで語る、私的なシステマについての備忘録。第九回目の今回は、先日来日を果たしたシステマ創始者ミカエルと、コ2【kotsu】ではお馴染みの藤田一照先生との対談の模様をお届けします。 システマ随想 第九回 「対談 ミカエル×藤田一照 禅僧の目に映ったシステマ」 進行・構成●北川貴英 通訳●堀口大樹 日時●2016年4月17日 場所●荒川スポーツセンター 閉ざされた領域北川

スキ
5
有料
150

システマ随想 第八回 ミカエル・リャブコインタビュー in ロシア 02

この記事は有料です。 ロシアン武術「システマ」の公認インストラクターである、北川貴英氏が書き下ろしで語る、私的なシステマについての備忘録。第八回目の今回は、前回に引き続きシステマ創始者ミカエルのインタビューをお届けします。今回はこれまでお話を伺う機会がなかったミカエルのご家族から道場破りまで、奥様のラリッサさんを交えてお話しを伺っています。 システマ随想第八回 「二つの家族と道場破り」 インタビュアー・文●北川貴英 通訳●松本陽子 ラリッサ夫人との出会いと結婚生活─

スキ
2
有料
150

コ2【kotsu】リーキーガット症候群解消法

体質研究所を主宰する松原秀樹先生による万病の元とも言われるリーキーガット(腸漏れ)を改善方法を紹介しています。

  • 14本

2019年7月新刊 松原秀樹 著『腸もれ リーキーガット解消法』発売のお知らせ!

2019年7月2日発売予定 アレルギー、肥満、糖尿病……、 体質改善の鍵は腸にあり! 『腸もれ リーキーガット 解消法』発売決定! 松原秀樹 著 その不調、実はリーキーガットかも!? 目からウロコの食と腸の関係! 2017年から連載してきた「リーキーガット症候群解消法」が、新たに一冊の本にまとまり発売されることが決定しました。 書籍化にあたっては増補改訂が行われ、新たな知見が加えられるとともに図版も一新! 読みやすくなっています。 特に最近の健康トレンドともいえ

スキ
2

リーキーガット症候群解消法 第14回(最終回) 筋肉・神経・関節の痛み

この記事は無料です。 “腸漏れ”が病気をつくる リーキーガット症候群解消法第14回(最終回) 筋肉・神経・関節の痛み 文●体質研究所主宰 松原秀樹 構成●近藤友暁 この連載も、いよいよ最終回を迎えました。最後は、腰痛をはじめとする筋肉や関節の痛み、神経痛などの身体の痛みと、リーキーガットの関係について探っていきます。 その前に、簡単に復習をしておきましょう。 小麦に含まれるタンパク質である「グルテン」に代表される「レクチン」は、植物が動物に食べられるのを防ぐために作

スキ
10

リーキーガット症候群解消法 第13回 婦人科疾患とリーキーガット

この記事は有料です。 “腸漏れ”が病気をつくる リーキーガット症候群解消法第13回 婦人科疾患とリーキーガット 文●体質研究所主宰 松原秀樹 構成●近藤友暁 今回は、女性特有の疾患—生理痛をはじめ、生理前症候群(PMS)、子宮筋腫、卵巣嚢腫、乳ガンなどの、いわゆる婦人科疾患と、リーキーガットとの関連性について解説します。 エストロゲンの過剰分泌を引き起こすレクチンはじめに結論を述べてしまうと、上記の婦人科疾患の原因として挙げられているのが、女性ホルモンである「エストロ

スキ
6
有料
150

リーキーガット症候群解消法 第11回 リーキーガットの主犯格

この記事は有料です。 “腸漏れ”が病気をつくる リーキーガット症候群解消法第11回 リーキーガットの主犯格 文●体質研究所主宰 松原秀樹 構成●近藤友暁 小麦のタンパク質「グルテン」が含まれていない食品を「グルテンフリー」といいますが、最近では「レクチンフリー」という表現が使われはじめています。 「レクチン」とは「血球凝集素」と呼ばれるタンパク質の総称で、グルテンもレクチンの一種です。 本連載では、リーキーガットの原因成分の代表格として「グルテン」を取り上げてきまし

有料
150

コ2【kotsu】連載『タッチの力』

タッチ(触れる)するだけで心と身体が癒やされる。そんな「タッチ」の力を、日本のタッチ研究の第一人者である山口創先生(桜美林大学教授)をはじめ、セラピストの有志が集い、その具体的な方法と仕組みをご紹介します。

  • 13本

連載 タッチの力13 森本義朗・後編「リハビリテーションと“触れ方”」

この記事は有料です。 日本には「タッチ=触れる、触れられる」の機会が少ない。そんな思いから、日本のタッチ研究の第一人者である山口創先生(桜美林大学教授)をはじめ、セラピストの有志が集い「日本タッチ協会」の設立を準備中です。 その一環として行われている、タッチのスペシャリストたちによるワークショップ(通称:タッチ協会山口ゼミ)の模様をお伝えしていきます。 四人目は森本義朗さん(国際統合リハビリテーション協会 会長、理学療法士)。いわゆるリハビリテーションの現場で、タッチが

スキ
2
有料
150

連載 タッチの力12 森本義朗・前編「リハビリテーションとは?」

この記事は有料です。 日本には「タッチ=触れる、触れられる」の機会が少ない。そんな思いから、日本のタッチ研究の第一人者である山口創先生(桜美林大学教授)をはじめ、セラピストの有志が集い「日本タッチ協会」の設立を準備中です。 その一環として行われている、タッチのスペシャリストたちによるワークショップ(通称:タッチ協会山口ゼミ)の模様をお伝えしていきます。 四人目は森本義朗さん(国際統合リハビリテーション協会 会長、理学療法士)。いわゆるリハビリテーションの現場で、タッチが

スキ
5
有料
150

連載 タッチの力11 岩吉新・後編「神経系の役割を知る」

この記事は有料です。 日本には「タッチ=触れる、触れられる」の機会が少ない。そんな思いから、日本のタッチ研究の第一人者である山口創先生(桜美林大学教授)をはじめ、セラピストの有志が集い「日本タッチ協会」の設立を準備中です。 その一環として行われている、タッチのスペシャリストたちによるワークショップ(通称:タッチ協会山口ゼミ)の模様をお伝えしていきます。 三人目は岩吉新さん(田園調布 neuro relax オーナーセラピスト)。今回は、タッチング=触れるということを、「

スキ
2
有料
150

連載・タッチの力10 岩吉新・前編 「神経系からみる“タッチング”」

この記事は有料です。 日本には「タッチ=触れる、触れられる」の機会が少ない。そんな思いから、日本のタッチ研究の第一人者である山口創先生(桜美林大学教授)をはじめ、セラピストの有志が集い「日本タッチ協会」の設立を準備中です。 その一環として行われている、タッチのスペシャリストたちによるワークショップ(通称:タッチ協会山口ゼミ)の模様をお伝えしていきます。 三人目は岩吉新さん(田園調布 neuro relax オーナーセラピスト)。今回は、タッチング=触れるということを、「

スキ
1
有料
150

コ2【kotsu】『ヒモトレ介護術』著・浜島 貫

話題の健康メソッド「ヒモトレ」を実際の介護の現場で使う浜島貫先生のレポートです。

  • 10本

ヒモトレ介護術 第十一回 「夫89歳&妻79歳、ヒモトレで“こじれたカラダ”を解きほぐす」

この記事は無料です。 でカラダが変わる」と話題のヒモトレ。中でも関心が高まっているのが、介護分野でのヒモトレの可能性だ。 そこでこの連載では、主に在宅医療の現場でヒモトレを活用している浜島治療院院長の浜島貫先生に、実際の使い方や臨床的な意義を紹介してもらおう。 ヒモトレ介護術第十一回 「夫89歳&妻79歳、ヒモトレで“こじれたカラダ”を解きほぐす」 お話●浜島 貫 文・取材・構成●北村昌陽 監修●小関 勲 こんにちは。浜島貫です。 今回は、ヒモトレを利用しながら元気

スキ
15

ヒモトレ介護術 第十回 「効果の”ある””なし”より大事なこと」

この記事は有料です。 「ヒモ一本でカラダが変わる」と話題のヒモトレ。中でも関心が高まっているのが、介護分野でのヒモトレの可能性だ。 そこでこの連載では、主に在宅医療の現場でヒモトレを活用している浜島治療院院長の浜島貫先生に、実際の使い方や臨床的な意義を紹介してもらおう。 ヒモトレ介護術第十回 「効果の”ある””なし”より大事なこと」 お話●浜島 貫 文・取材・構成●北村昌陽 監修●小関 勲 こんにちは。浜島貫です。 ヒモトレ創案者である小関勲トレーナーが、ヒモトレに

スキ
2
有料
150

ヒモトレ介護術 第八回 「ヒモトレで腰痛が解消!いまではヒモトレ伝道師」

この記事は有料です。 「ヒモ一本でカラダが変わる」と話題のヒモトレ。中でも関心が高まっているのが、介護分野でのヒモトレの可能性だ。 そこでこの連載では、主に在宅医療の現場でヒモトレを活用している浜島治療院院長の浜島貫先生に、実際の使い方や臨床的な意義を紹介してもらおう。 ヒモトレ介護術第八回 「ヒモトレで腰痛が解消!いまではヒモトレ伝道師」 お話●浜島 貫 文・取材・構成●北村昌陽 監修●小関 勲 こんにちは。浜島貫です。 私が住んでいる埼玉県所沢市には、市が運営

スキ
3
有料
150

ヒモトレ介護術 第七回 「介護の現場での“ヒモトレ”」

この記事は有料です。 「ヒモ一本でカラダが変わる」と話題のヒモトレ。中でも関心が高まっているのが、介護分野でのヒモトレの可能性だ。 そこでこの連載では、主に在宅医療の現場でヒモトレを活用している浜島治療院院長の浜島貫先生に、実際の使い方や臨床的な意義を紹介してもらおう。 ヒモトレ介護術第七回 「介護の現場での“ヒモトレ”」 お話●浜島 貫 文・取材・構成●北村昌陽 監修●小関 勲 こんにちは。浜島貫です。 今回はちょっと趣向を変えて、介護する側のお話を紹介しましょ

有料
150

コ2【kotsu】“武蔵兵法”の読み方

世界的な知名度を誇る侍・宮本武蔵。その武蔵の求めた武術の真像に気鋭の若手武術研究家・高無宝良氏が迫る。

  • 4本

“武蔵兵法”の読み方 第四回 「指先(さしせん)とはなにか」

この記事は無料です。 武術愛好家はもちろん、大凡日本人、いや世界的にも有名な剣豪といえば“宮本武蔵”だろう。 16歳で初めての決闘を始め、60予の戦いにすべて勝利し、二刀流の遣い手であるとともに、『五輪書』と題する兵法録を書き遺した希有の剣豪として名高い。その姿は吉川英治氏の小説『宮本武蔵』をはじめ様々なメディアで描かれ、今日では井上雄彦氏の描く人気コミック『バカボンド』へと続いている。しかし、改めて武蔵が求め、修めた武術がなんであったのかについては、意外なほどその真像は

スキ
6

“武蔵兵法”の読み方 第三回 「稲村清先生のお話」

この記事は有料です。 武術愛好家はもちろん、大凡日本人、いや世界的にも有名な剣豪といえば“宮本武蔵”だろう。 16歳で初めての決闘を始め、60予の戦いにすべて勝利し、二刀流の遣い手であるとともに、『五輪書』と題する兵法録を書き遺した希有の剣豪として名高い。その姿は吉川英治氏の小説『宮本武蔵』をはじめ様々なメディアで描かれ、今日では井上雄彦氏の描く人気コミック『バカボンド』へと続いている。しかし、改めて武蔵が求め、修めた武術がなんであったのかについては、意外なほどその真像は

スキ
5
有料
150

“武蔵兵法”の読み方 第二回 「武蔵兵法の変化」

この記事は無料です。 武術愛好家はもちろん、大凡日本人、いや世界的にも有名な剣豪といえば“宮本武蔵”だろう。 16歳で初めての決闘を始め、60予の戦いにすべて勝利し、二刀流の遣い手であるとともに、『五輪書』と題する兵法録を書き遺した希有の剣豪として名高い。その姿は吉川英治氏の小説『宮本武蔵』をはじめ様々なメディアで描かれ、今日では井上雄彦氏の描く人気コミック『バカボンド』へと続いている。しかし、改めて武蔵が求め、修めた武術がなんであったのかについては、意外なほどその真像は

スキ
4

“武蔵兵法”の読み方 第一回 「兵法者武蔵、二天一流、五輪書のこと(序)」

この記事は無料です。 武術愛好家はもちろん、大凡日本人、いや世界的にも有名な剣豪といえば“宮本武蔵”だろう。 16歳で初めての決闘を始め、60予の戦いにすべて勝利し、二刀流の遣い手であるとともに、『五輪書』と題する兵法録を書き遺した希有の剣豪として名高い。その姿は吉川英治氏の小説『宮本武蔵』をはじめ様々なメディアで描かれ、今日では井上雄彦氏の描く人気コミック『バカボンド』へと続いている。しかし、改めて武蔵が求め、修めた武術がなんであったのかについては、意外なほどその真像は

スキ
5