国見町公営塾「放課後塾ハル」

「地域と子どもの未来を見晴るかす」をビジョンに掲げる、福島県国見町の小中学生対象の公営塾 放課後塾ハル。 Email:houkagojuku.halu@gmail.com TEL:080-9151-6442(小学部)080-7236-6232 (中学部)

国見町公営塾「放課後塾ハル」

「地域と子どもの未来を見晴るかす」をビジョンに掲げる、福島県国見町の小中学生対象の公営塾 放課後塾ハル。 Email:houkagojuku.halu@gmail.com TEL:080-9151-6442(小学部)080-7236-6232 (中学部)

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

福島県国見町 公営塾「放課後塾ハル」とは?

放課後塾ハルとは、「地域と子どもの未来を見晴るかす」をビジョンに掲げ、2021年6月にスタートした公営塾です。 小学5年生から中学3年生を対象に、国見町の子どもたちの5年間の学びをサポートしています。今回は、そんな私たちの想いとプログラム内容についてご紹介させてください。 私たちの想い私たちは、放課後塾ハルを通じて、子どもたちがさまざまな挑戦に取り組む中で、身近なところから大きなところまで色んな課題を乗り越え、その先で ”自分たちの未来を遠く見晴るかせるようになってほしい

    • 【フミダス!プレコン2022 AUTUMN】村上笑平・経過報告①

       全国5つの地域から10名の中高生が参加した「フミダス!プレコン2022 AUTUMN」が12月4日に開催されました。当日は約130名の大人の方々にご参加いただき、大盛り上がりの会となりました! プレコン開始時の記事はこちら プレコン当日の記事はこちら  福島県国見町から参加した村上笑平さんは、「大好きな国見町を盛り上げるプロジェクト”国見町大作戦”の第一歩として、”ロゲイニング”をやりたい!」という想いをプレゼンをし、見事、目標を上回る支援を受けることができました。プ

      • 連載コラム 勉強を「愉しむ」 第三章 成果とは?

         私たちとしては、勉強を「愉しむ」、つまり勉強をいかに楽しめるかを考えて、勉強が「できない→できた→できる」に変え続けるサイクルを回しながら、小さなチャレンジをつづけるプロセスを大切にしていきたいと考えています。  とはいえ、勉強においては、定期テストの点数、模試の点数、入試の点数など「成果」が求められます。ということで、前回の記事から、勉強の「成果」を上げるために、まずそもそもで「成果」を上げるとは一体何なのかを一緒に考えてきました。「① 勉強・② 成果・③成果を上げる方

        • 【小学部】テーマ授業 音楽編を実施しました!

          小学部では、2学期にテーマ授業「音楽編」を実施しました! 今回は、全3回にわたる授業の内容や子どもたちの様子についてレポートしていきます。 1学期は、地球編を実施しました。ぜひこちらもご覧ください! 音楽編とは? 今回は、音楽をテーマに、その起源にまでさかのぼり、そこからどのように進化していったのか?音楽がなぜ、これほどにまで世界中の人たちに親しまれるようになったのか?そういった問いに触れながら、授業を通して、音楽とは一体何なのかという本質に迫っていきます。 第1回 音

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • フミダス!
          国見町公営塾「放課後塾ハル」
        • 中学部
          国見町公営塾「放課後塾ハル」
        • コラム
          国見町公営塾「放課後塾ハル」
        • 小学部
          国見町公営塾「放課後塾ハル」
        • 受験生
          国見町公営塾「放課後塾ハル」
        • イベント
          国見町公営塾「放課後塾ハル」

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【受験生】ドラゴン桜式・直前期の大事な3S

          本番まで泣いても笑ってもあと残り70日ほど。 受験生のみなさんは、不安や焦りも感じているのではないでしょうか。 今回は、そんな直前期において受験生のみなさんに大事にしてほしいことをお伝えしたいと思います。 さて突然ですが、漫画「ドラゴン桜」をご存知でしょうか? 最近でいくと、2021年に「ドラゴン桜 2」がテレビドラマで放映されており、とても話題になっていましたね。 そんなドラゴン桜の主人公 東大合格請負人の桜木建二が、 直前期に受験生が大切にすべきと強調していた「3つの

          連載コラム 勉強を「愉しむ」 第二章 勉強とは?

           前回の記事では、連載コラムのタイトルである、勉強を「愉しむ」という考え方についてご紹介をさせていただきました。勉強を「愉しむ」ー つまり、勉強そのもの自体が楽しいものであるかどうかというよりも、勉強をいかに楽しめるかがポイントだと思っています。  「なぜこんな楽しくない勉強をしなくてはならないのか」と考えるのではなく、「どうしたら勉強が楽しくなるのか」を考える方が、自分でコントロールできるものが増えていきます。そう考えていけると、勉強というものを前向きに捉えられるようにな

          フミダス!プレコン2022 AUTUMNが開催されました!

          はじめに 放課後塾ハルでは、中学生が地域を横断してさまざまなプロジェクトに挑戦できる「フミダス!プロジェクト」を年間通して実施しています。子どもたちが「自分の世界から、そして今の自分から、一歩踏み出すことの大切さや楽しさを感じること」を目指して、このプロジェクトを動かしています。  そのフミダス!プロジェクトの一つである「フミダス!プレコン 2022 AUTUMN」本番を、12月4日(日)に開催しました。全国にいる中高生が自分のやりたいことについて本気でプレゼンを行い、ヒト

          【後編】 モチベーションって一体何なんだろう?

            【前編】モチベーションって一体何なんだろう? にひきつづき、今回の記事では、外発的モチベーションをさらに深ぼっていき、子どもたちへの関わり方のヒントにつながる要素をご紹介していきます。 外発的モチベーション 前編の記事でもお伝えしましたが、外発的モチベーションの中にもさまざまな種類があり、”自分の中で自分の行動をコントロールできている感覚" つまり、”自律感” が高まっている状態であれば、効果的な学習成果が期待できるといいます。もう少し噛み砕いて伝えると、子どもたちの勉

          【前編】 モチベーションって一体何なんだろう?

          モチベーションとは?  よく「どうしたら勉強のモチベーションが上がるんでしょうか」というご相談を保護者の方からいただきます。そして、私たち教育に関わる大人にとっても、どう子どもたちのモチベーションを上げるのかというのは、永遠のテーマであるといえるかもしれません。  ただこの言葉は、日常的によく使われる言葉でありながら、形あるものではなく概念的なものであるため、なかなかモチベーションが上がるかどうかを見える化することは難しいですよね。某有名塾のCMのように「やる気スイッチ」が

          【受験生】 過去問演習について

          いよいよ受験が近づいてきています。 中学校でも進路面談が行われ、志望校も決まってくる時期に差し掛かってきたかと思います。 これまでは、模試について連載をしてご紹介をしてきました。 今回は、過去問演習の方法についてご紹介をしていきます! すでに過去問演習に取りかかっている生徒さんもいらっしゃるかと思いますが、入試本番が近づいてきた中で、そろそろ本番を意識して過去問演習を進めていこうと思っている生徒さんも多いはず。 せっかくやるからには、「過去問演習をやること」が目的になら

          【東京→福島県国見町】東京都庁を辞めて移住!人口8000人のまちで勝ち残る地方都市を作るエコタウンプロジェクト始動!

          放課後塾ハルのある、Co-learning Spaceアカリを経営されている上神田健太さんの動画が公開されました。  こちらの記事でも上神田さんについて少しご紹介させていただいておりますので、気になる方はぜひご覧ください! 東京都庁を辞め、国見町に移住してきた彼がいま挑戦しているエコタウン開発。その思いに迫ります。

          「まちと出会う 〜リノベーション編〜」プロジェクト、ついに完成しました!

           7月31日(日)に開催をした、 Co-Learning Spaceアカリの一部を子どもたちと協力してリノベーションをするプロジェクト。  ついにリノベーションの工事が終了し、入口の階段部分が完成しました! 子どもたちが色付けした古材でおしゃれにリノベーション。  そして入口部分には、放課後塾ハルのライトを設置していただきました。夕方、生徒たちがやってくる入口を明るく照らしてくれています。  放課後塾ハルは、国見町における一つの学びの場として、これからもっともっとまちで

          連載コラム 勉強を「愉しむ」

          第一章 勉強を「愉しむ」とは?いきなりですが、「人はなぜ勉強をするのでしょうか?」 その問いには、無数の答えがあると思いますが、 なんとなくこのあたりが出てきそうです。 どれが正解、不正解というのはないという前提の上で、あえてさらに問いを置くとすると、 というように、まだまだ問いを深ぼることはできそうです。 ちなみに、こちらの記事でも書きましたが、 私たちは、子どもたちに「自分の意思で自分の人生を切り拓いてほしい」と考えています。つまり、自分の未来にワクワクしながら、

          【受験生】 模試の受け方〜凡ミスをなくそう〜

          前回の記事にひきつづき、 今回は模試の受け方についてご紹介したいと思います。 模試の受け方  前回の記事では、【模試3回分の偏差値の平均値】がいまの自分の実力として捉えるとよいとお伝えしました。もちろん今から得意教科や得意単元を伸ばしたり、不得意教科や不得意な単元を潰したりして、点数を伸ばしていくこともそうですが、ここからは確実に押さえるべき問題をいかにミスなく取り切れるかが重要になります。  例えば、これまでの模試を見返してもらったときに、「ここの問題は絶対に正解できた

          コラム 勉強に欠かせない暗記の話〜脳の仕組みから考える〜

          勉強において「暗記」ってめちゃくちゃ大事になりますよね。 ただ教科書や参考書を使ってどれだけ一生懸命覚えても、3日4日経つとすぐに記憶から消えてしまう。 生徒や保護者のみなさんも、同じような経験ありませんでしたか? 今回はそんな「暗記」に焦点を当てて、暗記のコツではなく、 記憶を司る”脳の仕組み”から考えたときに、暗記をする上で大切なことは何なのかをご紹介させていただきます! 記憶のメカニズムまず記憶のメカニズムからご紹介をします。 下のイラストをご覧ください。 脳はい

          放課後塾ハルの「テーマ授業」ってどんな授業?

           放課後塾ハルでは、子どもたちの興味関心を広げるきっかけづくりとして、「テーマ授業」というプログラムを実施しています。  身の回りにあるさまざまなテーマを扱いながら、子どもたちの「なぜ?」「どうして?」という知的好奇心を刺激し、世の中にあるワクワクに触れる機会を提供しています。  ちなみに保護者説明会にお越しいただいた方は、実際に一度体験していただいただかと思いますが、今回は、もう少し詳しくテーマ授業というものについてご紹介させていただきたいと思います! 私たちが大切に