見出し画像

学生プランがあるプログラミング系サービス(無料・割引)まとめ

皆さんこんにちは。hota1024といいます。note初投稿です。

この記事では僕がこの1年間で利用した「学生プランがあるプログラミング系サービス」をまとめました。

中にはプロが使うようなツールから、プラットフォームだったり、いろとりどりです。

この中から自分に合うサービスが見つかると幸いです。

また登録方法については詳しく書きません。登録方法用の記事を用意する予定です。

GitHub Student Developer Pack

画像1

名前が長いですね(笑)

これはGitHubが提供する学生開発者向けの様々なサービスが受け取れるプログラムです。

公式サイト

公式サイトを見ると分かる通り、Developer Packに加盟している様々な企業が提供する学生向けプランがまとめられています。

本記事ではこのDeveloper Packの中からもいくつかサービスを紹介するので、まずこの「GitHub Student Developer Pack」に登録しておくことをおすすめします

またDeveloper Packに加盟しているサービスは「<サービス名>(GitHub Students)」と表記するので、そのサービスはGithub Student Developer Packに登録しておくとすぐに利用ができます。

GitHub Pro(GitHub Students)

画像2

公式サイト:https://education.github.com/pack

GitHubの月額制のProプランを無償で利用できます。

登録にはac.jpドメインのメールアドレスか在学が証明できる書類が必要です。

Freeプラントの主な違いは

・無制限のコラボレータ(1つのリポジトリに外のコラボレータを無制限に招待できる)

・GitHub Actions利用時間3,000分

・プライベートGithub pagesやWiki、ブランチの保護

などです。

Unity Student Plan(GitHub Students)

画像3

3Dゲームなどのコンテンツを開発している人なら使ったことがあるであろう有名な3D/2Dゲームエンジンです。

公式サイト:https://store.unity.com/academic/unity-student

公式ブログ:https://blogs.unity3d.com

また登録には「GitHub Student Developer Pack」への登録が必要です。

GitHub Student Developer Pack:https://education.github.com/pack

利用できる主な機能は

・クラウドベースのコラボレーション(他の生徒や教師とのグループプロジェクト、バージョン管理など)

・ダークUIテーマ

などです。僕は無料版のUnityでも十分に作品開発が行えるので、「ダークUIテーマ」が一番うれしい機能です(笑)

JetBrains Student Pack(GitHub Students)

画像4

プロが使うエディタを開発しているJetBrainsが提供するエディタを無償で利用できるパックです。JetBrainsのエディタは一度使えばもう離れることができないほどに高機能です。

公式サイト:https://www.jetbrains.com/ja-jp/community/education/#students

公式ブログ:https://blog.jetbrains.com

JetBrainsはここから確認できる通り、様々な用途・環境に合わせた開発環境を扱っています。

これのエディタを全て利用するには、通常だと年間7万円ほどのサブスクリプション料金が掛かります。

ところがStudent Packだとこれらのエディタが無償で利用できるのです!すごい!

Heroku for GitHub Students(GitHub Students)

画像5

Herokuは、アプリケーションの構築、運用、管理ができるクラウドベースのPaaSです。自分のポートフォリオからちょっとしたWebサービスまでデプロイ(公開)することができます。

公式サイト:https://jp.heroku.com/github-students

Heroku for GitHub Studentsに登録すると2年間のHobby Dynoのクレジットが受け取れます。

詳しい情報は公式サイトがすごく分かりやすくまとめているので、そちらを見るのをおすすめします。

さいごに

以上が僕がこの1年間利用している学生割引があるプログラミング系サービスです。

他にも探してみると様々なサービスが見つかると思います。

今回紹介したサービスや、紹介しきれなかったサービスもまだまだたくさんあります。

特にGitHub Student Developer Packにはまだ紹介できていないサービスがたくさんあります。

私達学生は、これらを活用することでプログラミング学習を加速させたり、自分の作品を快適に開発することができます。

このようなサービスを提供してくれる企業に感謝ですね。

おまけ:プログラミングじゃないけど学生プランがあるサービスまとめ

画像6

ここからはプログラミングには関係ないけど学生プランがあるサービスを紹介します。

Prime Student

Amazon Primeの学生プランです。

登録にはac.jpドメインのメールアドレスまたは学生番号が必要です。

公式サイト:https://www.amazon.co.jp/student

公式サポート:https://www.amazon.co.jp

送料無料になるし、Prime Videoでアニメとか見れるのでとてもおすすめです。

ちなみに登録すると6ヶ月間無料で、その後は月額250円ほどのサブスクリプション料金が掛かります。

Apple Music

Apple Musicの学生プランです。

登録にはUNiDAYSへの登録とac.jpドメインのメールアドレスが必要です。UNiDAYSは加盟している学校しか登録できないように見えますが、ac.jpドメインのメールアドレスがあれば登録できます。

公式サイト:https://support.apple.com/ja-jp/HT205928

UNiDAYS:https://www.myunidays.com/JP/ja-JP

Apple Musicの学生プランは無料トライアル分の3ヶ月、トライアル以降、月々480円ほどのサブスクリプション料金が掛かります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
プログラミング好きの高校生です。 Web開発やゲーム開発に興味があります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。