上手さの先を探して

上手さの先を探して

バンドメンバーが痛烈な批判に晒されるなか、ど素人すぎなのか、眼中に入っていないのか、フォロワーが元々いないのか、全く相手にされない保科くん(別のフォロワーの多いほっしーさんにはご迷惑をお掛けします)。
否数(ぴかず)が多いのは期待されている証拠。ならば、僕は全く期待されていない。
しかし、それはそれでいい。
僕は僕に期待している。
「お前、もっとやれるだろう」と。
まじめに考えつつ、やっぱりやっていることは楽しいと思うことだらけ、全部ギャグになってしまう。
このままで突き抜けられるだろうか…
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Gi

その私をサポートをしたいという気持ちが何よりのサポートでありますので全力でお答えしたい気持ちとともに全力であなたのために生きたいと思う私であります。

ライブで一緒に歌わないか?!
THE PRESENTS