【10分スケッチ】美容院と家庭料理
見出し画像

【10分スケッチ】美容院と家庭料理

ほそかわゆきこ@みみをすますラボ


先日髪を切った。
1年半ぐらいお願いしていた美容師さんが辞めてしまったので、同じヘアサロンの別の方に引き継がれて、初の施術。
なんだかモヤモヤが残っている。

モヤモヤポイントはいくつかあって、
雑な接客態度や、私の話した内容を軽くディスりながら自分の話したいことを話す(大半愚痴っぽい)コミュニケーションスタイルとかはもちろんそうなんだけど、
一番ザワッとしたのは、「ハイ終わりましたー」と言われた瞬間に鏡の中に映った自分の姿を見たら、驚くほどその人本人の髪型と似ていた瞬間じゃないかと思う。
「うわ、キモチワル」と思った。

似合う似合わないで言えば似合っているし、失敗ではないのだけど、
オーダーした意図とは違う。
最初のカウンセリングの時で、「あ、はいそういうことですね!わっかりました!」と言われた瞬間に、多分私の「そういうこと」は伝わらなくなっちゃったんだろうな。

それが1週間ほど前のことで、
鏡見るたびに微妙にもやっとした気持ちになっていたんだけど。

今朝、ふと思い出したのが、料理研究家の土井善晴先生の話。

懐石や西洋料理の高級レストランでは、シェフの名前によって料理を出すことがあるけれど、
家庭料理には、作った人の顔が残っていたらいけない。
そんなものが残っていたら気持ち悪くて食べられないという話。

それから民芸の「用の美」の話。
ある種の無名性の中に、ひたむきな美が宿るということなんだろう。

たぶん、私が求めていたのはそういう美なのだろう。
それは彼にとっての美とは違うものだったという、それだけのことなんだろう。

最近よく土井先生の話を思い出します。
料理と利他」と「一汁一菜でよいという提案」を要復習だな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ!
ほそかわゆきこ@みみをすますラボ
みみをすますラボ 代表 国際コーチング連盟アソシエイト認定コーチ 琵琶湖のほとりで、夫と二人の息子と暮らしながら、コーチとして活動してます。 noteは公開雑記帳です。 HP(ブログ有)https://mimiwosumasu-lab.com/