2021年11月11日(木)の日記(ナイトクルージング)
見出し画像

2021年11月11日(木)の日記(ナイトクルージング)

昨日から大量のスケジュール調整をしていて、
仕事柄、数ヶ月先までのセッション予定を決めるのはよくあることなんだけど、
Googleカレンダーの1月のところに次々と刻まれていく帯を見ていると、
ほんの一瞬、これらをもれなくつつがなく終えることが本当にできるのだろうかと
みぞおちのあたりにぎゅんと不安が刺さる。

予定というのはそういうもので、
本当にその日を無事に迎えられるのかどうかなんてことは誰にとっても不確実なのに、
みんな、その実行がさも当たり前かのような顔をして約束をするのだ。

だから、不安なんて「そうだよね」と受け止めて、進むんだけど。進むしかないんだけど。

そうか、昔よく聞いた「飲み会、行けたら行くわ」ってセリフは、正直で誠実だったんだな。
「約束、守れたら守るわ」とは、ちょっと言いにくいな。仕事だしな。

そんなことを考えながら、
不確実な前提のもとに自ら積もらせた約束、約束、約束が、
両肩にずんと重さを感じさせる夕暮れ時。


子どもたちのお迎えの車内で、
Spotifyのプレイリストをスキップ、スキップ、スキップして、
ようやくその重さが溶け出した曲は、ナイトクルージング。

中古の赤いスズキハスラーの狭い車内に夜が染み込んで、
ロードサイドのドラッグストアのライトで上弦の月が霞む。

燃え殻さんの「すべて忘れてしまうから」に収録されている
「あの夜、『ナイトクルージング』を一緒に聴いた」というエッセイがすごく好きだ。
3.11の後、身も心もボロボロの眠れない夜に、Twitterに「ナイトクルージング」のYoutubeを貼り付けた話。

疲れましたね。今夜、すべての人が、深い眠りにつけますように。

岡野大嗣さんのこの歌も好きだ。

たやすみ、は自分のためのおやすみで「たやすく眠れますように」の意

今夜、何の役にも立たず、何の責任も果たさず、ただここでぐっすりと眠れますように。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
さんきゅー!
みみをすますラボ 代表 (一財)生涯開発財団認定マスターコーチ 琵琶湖のほとりで、夫と二人の息子と暮らしながら、コーチとして活動してます。 noteは公開雑記帳。日記など、自分のために書き散らしてます。 HP(ブログ有)https://mimiwosumasu-lab.com/