【10分スケッチ】「許せない」の表明
見出し画像

【10分スケッチ】「許せない」の表明

ほそかわゆきこ@みみをすますラボ

毎週チェックしているしいたけ占い。

今週のしし座は、「許せないの表明」の赤が出ているそう。

あなたが生きる目的とか、前進する力のひとつに「こんなことは許せない」という、そういう自分なりの絶対基準がいくつもあるのです。

心当たりあり。

昨日、長らく仕上げられなかったブログの記事をようやくリリースできて、
時間がかかっていたのは、「文章として納得いく仕上がりではなかった」からではなく、書いている内容に本心では共感できない内容が含まれているという違和感があったからだなーと気づいたんだけど。

私の最上志向は「自分に嘘がない」という最上志向だから、自分に嘘があるというのは「こんなことは許せない」になる。

その「許せない」は、あなたの今後の人生においても大きな道しるべになってくれるはずだから。

そうだといいなと思う。
世界一正直な人間として生きていきたいのかもしれない。

私が正直かどうかと考える時に、どういうスタンスかということがある。

何か意見などに対して、どういうスタンスで付き合うのかということ。

これは単純に白黒つけたいということではなくて、グレーだったらどういうグレーなのか、マーブル模様なのか、ちょっと黄色も混ざってますなのか、それともさっぱりわかりませんなのか、そういうことを表明した上で付き合いたいと思ってしまう。

それをしない、したくない、しなくてもいいやと思うのであれば、付き合わなくていいかなという気もするのです。

そうか、それを表明することが、相手(だけじゃない気がするけど)に対する、リスペクトだと思っているのかもしれない。

それがなくてもやむを得ず付き合うこともそりゃあるけど、それは、相手のことは割とどうでもよくて、その付き合いによって得られること(例えば平穏な生活とか)が大事ってことだもんな。

そういう、「リスペクトできるものだけ大事にしたい」というのも、ある種潔癖に「こんなことは許せない」になりがちなことだなーとも思う。

それはそれで大事にしながら、リスペクトできるかどうかわからないノイズみたいなものが入り込んでも、「ま、いっか」と、しばらく面白がって眺めているような、そんな余裕があるのが一番いいなーと思うんだけど。

そうできる時とできない時があるから、それは自分の中の圧や密度の問題で、その状態に気づいたらスペースを作るようにしてみるってだけの話かもしれないな。

結局、気づくってことが一番大事なわけだ。

気づくために、書くことは大事。それは10分でいいのです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ほっこり(*^^*)
ほそかわゆきこ@みみをすますラボ
みみをすますラボ 代表 国際コーチング連盟アソシエイト認定コーチ 琵琶湖のほとりで、夫と二人の息子と暮らしながら、コーチとして活動してます。 noteは公開雑記帳です。 HP(ブログ有)https://mimiwosumasu-lab.com/