2022年1月13日(木)の日記(仕事初めと世界を肯定すること)
見出し画像

2022年1月13日(木)の日記(仕事初めと世界を肯定すること)

ほそかわゆきこ@みみをすますラボ

1月11日(火)から仕事初めで、今日で3日。
2週間ちょっとぶりにコーチングのセッションをする日々。
久々にデスクに座ってPCを前にする日々。
予め取り決めた予定に従って、仕事を進める日々。
なんだか身体が硬くなることが気になって、現在の一番の関心事は自分の身体のケアだったりする。

たぶん、コーチングを始めて以来、こんなにコーチングをしていなかったのは初めてのこと。
最初は正直「できてるんだかできていないんだか‥」と思っていたんだけれど、だんだんじわじわ目覚めてきているような感覚がある。

コーチングをしている時(ただし、ちゃんとパートナーシップを感じられている時)、私は「みんな愛してるぜ」という気持ちになる。
そのみんなというのは、もちろん目の前のクライアントさんであり、まだ関係性を築けていない相手であり、これから出会うかもしれない人たちも含む。
つまり、私にとってコーチングをしている時は、愛することの可能性が広がっていくことを信じられる時間であり、だから自分の人生にとってコーチングをすることは大切なのかもしれません。

愛することの可能性の広がりを信じるということは、きっと世界を肯定することだ。

地上に存在していることは それ自体 祝福であるのか(内藤礼)

この問いにYESと答え続けることを求めて、そういうことをずっとしながら生きていけたらいいなと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
さんきゅー!
ほそかわゆきこ@みみをすますラボ
みみをすますラボ 代表 国際コーチング連盟アソシエイト認定コーチ 琵琶湖のほとりで、夫と二人の息子と暮らしながら、コーチとして活動してます。 noteは公開雑記帳です。 HP(ブログ有)https://mimiwosumasu-lab.com/