芸術の祭典in筑紫野
見出し画像

芸術の祭典in筑紫野

星先かおる

去年はコロナで 秋のいろんなイベントが中止になりましたが、今年は何とか開催されています。
おかげで、いよいよ忙しくなってきました。

昨日から今日は、筑紫野市文化会館にて『芸術の祭典』が開催されています。これは毎年 近隣の市を 巡回して行われるもので、来年は那珂川市で開催されるそうです。

今回は6名の仲間で参加しました。 写真は昨日の搬入時のものです。

下の写真の真ん中は、こずえの作品で土竜[モグラ] 。モグラの骨を描いていますが、土を掘るようになっている前足が大きいので、モグラとわかります。

左側の作品が、こずえの師匠の城戸佐和子先生の作品です。
今回初めて、絹布に描く日本画に挑戦されています。

短いですが、今日の午後3時30分まで開催されています。

ネットで『芸術の祭典in筑紫野』で調べたら、会場の様子の動画が流れていて、ビックリしました。コロナで色々変わってきていますね。☆

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
星先かおる
福岡在住の主婦・星先かおるです。次女のこずえは、2歳の時に自閉症と診断されました。現在は切り絵作家として頑張ってくれています。 私の方は、こずえの絵の松澤先生(作家名:城戸佐和子)とNPO法人コミュニケーション・アートを立ち上げて、障害のある人たちのアート活動を支援しています。