三沢厚彦 アニマルズ展
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

三沢厚彦 アニマルズ展

星先かおる

北九州市立美術館本館で開催中の、三沢厚彦さんの『アニマルズ展』に行ってきました。

木彫りの動物ばかりなんですが、3mくらいあるキリンやゾウ、それに空想の動物もあって、とってもおもしろかった。

全てに手彫りのゴツゴツ感があって、丸みの形や目の表現も皆同じなんですが、何故か生きてるように感じる不思議な動物達です。

今にも吠えそうな、
目がギョロっとにらまれそうな、前足が一歩動き出しそうな、
動物達でした。

会場にはほとんど私達だけで、コロナ禍で安心とはいえ、もったいないような感じでした。

北九州市立美術館の本館は、以前は車でしか行きにくかったんですが、最近は戸畑からバスが出ているので、それで初めて行きました。

1度一緒に行けば、これからはひとりでも安心して行けるので、こずえさんはご機嫌です。☆

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
星先かおる
福岡在住の主婦・星先かおるです。次女のこずえは、2歳の時に自閉症と診断されました。現在は切り絵作家として頑張ってくれています。 私の方は、こずえの絵の松澤先生(作家名:城戸佐和子)とNPO法人コミュニケーション・アートを立ち上げて、障害のある人たちのアート活動を支援しています。