見出し画像

ああそうだ。母を嫌いにならないために頑張るんだった私。

ああそうだ。母を嫌いにならないために頑張るんだった私。

入社前日、母との衝突。

私、明日から社会人だよなぁ。
なんで社会人になってまで親にこうも支配されなくてはならないの。
そう思ったら涙が出てきた。
震えが止まらない。

そう、私は昔からこのことについて考えるのが苦手。

「こんなお家に生まれたくなかった」
そう思うと涙が止まらなくなる。幼稚園の時からこの涙スイッチは変わらない。

でも気付いたんだ。
私は何かうまく行かないことがあると、
あの時ああすればよかった
こうすればバレなかったのに
なんであれをしてしまったんだろう
せめてああ言っておけばよかった
そうやって後悔して言い訳を考えて最終的に
「なんで私はこんな家に生まれて来ちゃったんだろう」ってところに行き着いてしまう。

でもさ、それって

生まれた時から自分を否定してることになるから
いくら頑張ってもいくら結果を出しても
生まれた時から間違ってたらそりゃ幸せになれないな私。
これに気付いた時なんだか自分中がすごくスッキリして、あぁだから私は頑張るんだって思えてみるみる力が湧いてきた。

だからなんでこんなところに生まれちゃったんだって後悔しなくて済むくらい
親に私を産んでくれてありがとうって笑顔で言えるくらい
幸せに生きるって決めたんだ

今日、久しぶりに親が嫌で泣いた
おかげさまで久しぶりに私がなんで幸せにならなきゃいけないか思い出せた。

明日からの新社会人、楽しもう。
そしてこの親の元に生まれた自分は幸せだって言い切れる人生を歩もう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。全力で生きましょう!
7
酒好きな新卒が自分の人生観メモってみた。