新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

大安禅寺の髙橋玄峰さん

2020年4月11日土曜日午後2時

福井のお殿様のお寺・大安禅寺。ちょうど今の季節に美しく広がる菖蒲園で知っている方も多いのでは?コラボゲスト2人目として、副住職の髙橋玄峰さんにこのコロナ禍における人の心の「不安」をテーマにお話してもらおうと思ったのですが……。最後の締めくくりも合わせて笑いの絶えない配信となりました。本編はこちらをどうぞ。

画像1

“(コラボまで)30分かかりました。改めまして。「チーーーン」(鈴の音)今日はよろしくお願いします”

HOSHIDOのコラボは初めての玄峰さん。なんだかんだうまくつながらず、30分かかりました。鈴の音でスタートするラジオにリスナーさんも合唱。


“金沢の前田家の菩提寺の一つ、うちは兼務してます。「寶勝寺」って言うんですけどね”

福井藩のお殿様・松平家の大安禅寺は、なんと加賀藩のお殿様・前田家の菩提寺である寶勝寺も住職を兼務しているんですね。歴史好きにはたまらなくないか、これ。


“浄土真宗、臨済宗、曹洞宗、いろんな宗派があるけど、一番大事な宗派っていうのは一つしかなくて。一つだけよ。知ってるでしょ?「皆のしゅう(衆)」”

やさしいリスナーさんにお茶をたくさんいただきました🍵


“このコロナウイルスも一つ言ってみたら、みんなは悪者扱いしてるけれど生き物なわけですよ。一言でこれが正解だっていうことは言えない。見失っちゃいけないのは、善悪で物事を考えてはいけないっていうこと”

どうしても「ウイルス=悪者」とすることで気持ちの平穏を保つことってあるんですよね。でも、善悪で物事を考えないようにすると、意外とフラットになれるもんです。


“「無縄自縛」って言うんだけど、無い縄で自分を縛るって書いて。自分でその二元対立の中で、いいとか悪いとか好きとか嫌いとかそういうものに執着して、自分の心を縛ってるっていう事が多い。何が不安にさせてるかじゃなくて、基本的には自分が自分で心を縛って身動きとれなくしてるだけだよっていうのが禅宗の一つの解釈”

「不安」は自分自身が作り出しているもの。それがわかるだけで、すーーーっと心が澄んでいくような不思議な感覚になります。

画像2

“この前いつも歩いてる道で思いっきりこけたのねバタンと。「痛〜!」と思って「なんでこけたんかなー」と目をやったら、そこに石ころが落ちてて。初めてその石ころがあったことに気づいた。いきなり出てきたわけじゃないから石なんて”

自分を気付かせてくれるものは、いつも目の前に転がってるんだよ、という話。玄峰さんのお師匠さんの言葉が、自分が転んだことでわかるなんてなぁ。きっかけってわからない。自粛で家にいる間も、それはいつも目の前にある。


“いろんな人の心の周波数があるし、いろんな生活の周波数があるし、それぞれのバックグラウンドで育って。それがやっぱり日本の言葉にすると心を重ねるとか思いやりっていうことだと思う”

「心の周波数を合わせる」という言葉は、ガーンときました。これをイメージすることで、いろいろなことがクリアになる。


“「覚悟」って「目覚め悟る」って書いてあるでしょ。結局自分の人生の覚悟を決めるか決めないかだけの話。自分自身が自分の人生を歩むっていうことを自覚するっていうこと。悟ってもない私が言うのもあれだけど”

玄峰さんも悟ってないって言ってくれるのが、なんだか安心しますね。さらに、修行を通じて「考えたり悩んだり苦しんだり泣きたい時は泣けばいいし苦しむ時は苦しめばいいし不安になる時は不安に駆られれればいいし」ということを学んだそう。うん。少し気持ちが軽くなる。


“お釈迦様からずっとこう師匠弟子師匠弟子でつながってきて、師資相伝でちゃんとつながってきて、今の自分まで来てるっていう「請願書」を持って門を叩くんです”

なんと臨済宗の修行の門を叩くためには、お釈迦様から受け継いでるぞという書面が必要なんだそう。しかも、簡単には受け取ってはもらえない。「入りたい」という心がまず必要なんだなぁ。


“一週間何もせずにただ壁に向かって座ってひれ伏してる時間をやるとなったら、いろんなことを考えるわけさ。初めて自分の心と本気で向き合う一週間っていうのに初めて出会う経験をする”

修行を始めて、最初にするのが7日間の坐禅。玄峰さんは自分が小さな頃からずっと走馬灯のように思い出が駆け巡ったそう。たくさんの人の縁によって自分がなりたってきた。それが今のこころの基礎になっている。


“みなさん、ありがとうございました。では。チーーーーン(鈴の音)”

チーンではじまり、チーンでおわる。ジングル代わりに読経というのもありかもしれない……。

***

現在、12年の歳月をかけて修復事業が始まっている大安禅寺。みんなでツアーが組めるように考えたいですね!

萬松山 大安禅寺
https://www.daianzenji.jp/

玄峰さんのTwitter
https://twitter.com/bansyouzan

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます^^今後ともよろしくお願いします!
5
福井駅前にある小さな本屋です。企画、編集、出版も生業としています。水曜日9:00-21:00、金曜日9:00-19:00、土曜日13:00-19:00と19:00でオープン中。日々のしごとや出来事について綴っています。

この記事が入っているマガジン

エア・ホシドの文字起こし
エア・ホシドの文字起こし
  • 3本

ツイキャスで配信中の本屋のラジオ「エア・ホシド」の一部を文字起こししたマガジンです。これまでの配信はこちらから↓ https://twitcasting.tv/hoshido_fukui/show/

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。