見出し画像

クラウドファンディングをやってみて

本当によく聞かれたりしますが、「コロナによる影響はありますか?」というお話。「そりゃ無い訳ないでしょう。」ってバサッと終わりにしたいくらい、何度も同じ話を繰り返してお話させていただきました。

どの業種でも影響受けてるとは思いますが、僕の生業としている飲食業ではもはや、今までと同じにやっていくという事が難しくなるという所に来ています。

わかりやすい例えですと、繫盛店の飲食店といえば、お客様がガンガン来て、とにかくお店に詰め込んで、何回転も席を稼働させてというのが今までのやり方でしたが、それがソーシャルディスタンス的に難しくなっているという事。宴会やパーティなども同様で、飲食店が一番利益が出しやすいやり方が封じられた訳です。

一番稼げるやり方が出来ない、当然今まで通りでは難しくなるのは明らかです。

じゃテイクアウトを充実させようという事で、皆が皆やり始めたテイクアウト。ではテイクアウトで十分な利益出てるお店はどれ位ありますか?

僕も勿論テイクアウトは考えました、保健所にも何度も電話してこれは大丈夫で、これはダメ、これをやるにはこの認可申請が必要、という事を調べました。もし知らずに問題を起こすと、罰則を受けるのは勿論、周りの真面目に営業しているお店にも迷惑がかかる訳で。

更にお弁当大手チェーンのオーナーをしている方にも話を聞きにいきました。細かい数字は教えてはもらえませんが、この完成されたシステムでも利益を確保するというのは、かなり大変だと言うことはわかりました。

先程の問いですが、おそらくほとんどのお店では十分な利益は出てはいないでしょう。10軒のうち1~2軒という話じゃないかなと思います。テイクアウトはランチで利益出すよりハードルが高いと思われます。ランチだけで成り立っているお店って、超がつく繫盛店です。

そんなハードルが高い事を、皆で一斉にやっても然程効果がないばかりか、先程書いたリスクもある、だから僕はテイクアウトはすぐにやめました。

だからといって、何もしない訳にはいかない。これからを生き抜くためのやり方って何なんだろう。そこで思いついたのが、クラウドファンディングでの返礼品としてのお蕎麦の発送でした。

ありがたい事に、製麵業の認可を受けた作業場を貸していただける事になったり、コロナによる影響を受けている場合にはクラウドファンディング手数料が安くなるのも後押ししました。

見よう見まねで始めた訳なので、かなり初歩的なページしか作れませんでしたが、習うより慣れろの気持ちでやってみました。人とは違うことをやってみる、自分の商品を自分で売る、遠方の方にも売れる、そして僕という人間がどれ位覚えていてもらえているのか、まずは自分で知っておく、という意味ではクラウドファンディングは最適な方法でした。

クラウドファンディングにも、いろんなサイトがあり有名なサイトさん程支援が集まりやすいとの話も聞きましたが、今回はSNSで広めるだけにしよう、自分で広めて自分で売るという方法でやってみようと思い、プラットフォームの知名度や有利性は気にしませんでした。

クラウドファンディングなんかやってるんですか?とか、お金に困ってるのまる出しで恥ずかしいという事も言われましたが、やったことがない人の意見だなと聞き流してました。

やった事がある人は、そんな事は考えないですね。やって本当に良かった事ばかりでした。多くの方が設定金額を超える支援をして下さったり、励ましのメール、お葉書なども頂戴致しました。やはり人は人でしか励ましあえないものです。

ただ何度も自分に言い聞かせてますが、これで正解ではないし、バット持ってバッターボックスに立っただけ。ヒットやホームランを打つにはそれ相応の修練が必要です。これはどの世界でも変わりはない事で、やり方が変わってもそこで過去にこだわらず、今の努力ができる人ではないと難しいかなとも思います。

クラウドファンディングに限らず、これからも色んな挑戦をしていくと思います。今回のコロナによる影響は、もう根本を変える出来事でした。これからも変化し続けるでしょう。それに対応できるように、今からでも遅くないからとにかくやってみる事が大事なように思います。

バッターボックスに入らなければ、ホームランはいつまで待っても生まれない、自分でバッターボックスに立つ努力と気持ちは常に持とう。今回のコロナで強く思いました。

最後に、今僕のやっているクラウドファンディングのページのリンク貼っておきます。よかったらご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

https://motion-gallery.net/projects/so_bar_hoshina

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
長野県松本市で【SO BAR保科】という飲食店を経営しています。本格BARと蕎麦屋を融合したお店という珍しいスタイルのお店です。バーテンダー歴は25年、ひょんな事から蕎麦打ちにハマり、自分の打った蕎麦を自分のBARで提供したい。それを形にしたお店です。是非お立ち寄りください!
コメント (1)
note拝見させて頂きました。
とてもおもしろかったです😁
内容参考にさせて頂きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。