見出し画像

【ホライズンのオススメ! №049】ガラクタ捨てれば自分が見える

 みなさんこんにちは!
 寒い日が続いておりますが・・・休日も、寒くて外に出たくない。なんだかやる気が起きない。そんな時こそ、ちょっと前に流行った断捨離をする。最近、すっかりモノの処分にはまっています。

 断捨離といえば、やましたひでこさんが有名ですが、アプローチは違うけれど、海外の方が執筆した本も、なかなか心に響きます。

 その一人が、カレン・キングストンさん。
 彼女の基本は、風水やスペースクリアリングの発想なのですが、重要なのは、人生の停滞と自分を散り囲んでいるガラクタたちを結びつけ、ガラクタの排除から、その人本来が持っているエネルギーを循環させるというところ。

 「ガラクタ捨てれば自分が見える」は、名著です。

 ガラクタの定義は、以下のとおりなんだそうです。

①使わないもの。好きでないもの。
②整理されていない、乱雑なもの。
③狭いスペースに無理やり押し込まれたもの。
④未完成のものすべて。

 こういったガラクタたちを、排除し、整える=「人生を整理すること」に他ならないのだそうです。今の自分にとって、何が大事か、どうでもいいのか。将来への不安や、過去への執着によって、人はモノをため込みますが、そういった不安を排除して、今の自分に必要なモノ、心がすっとするモノだけを残し、そうでないものは処分する。まさに、自分の心の整理整頓。自分が何をしたいか、何にこだわっているかもわかりますから、まさに人生の棚卸なわけです。

 カレンさんの本を読み、あー。。なるほど。。と。

 クローセットに押し込まれたスーツとか、棚に入らない本とか、可愛そうになってきました。

 現在、自宅も事務所デスクも人生も、ガラクタ整理絶賛進行中ですが、

 事務所デスクも、こんな風にモノを置かないようにすっきりさせたところ(大好きな氷室京介さんの写真だけは外しません)、ご依頼も増えたような・・気がしております。

 このところモヤモヤ感があるなーという方。ぜひ自分を取り囲むモノやヒトの整理をしてみてください。何かが見えるはずです!

---------------------

 次回のホライズンのオススメ!は2月15日(水)更新予定です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
東京都港区西新橋2-17-2 HF虎ノ門ビルディング2階/TEL 03-5425-7431