見出し画像

進撃の巨人愛が止まらない。。。

ホリ

皆さんこんばんはー!梅雨入りまっしぐらですね、、
傘をうっかり忘れてしまい、水も滴る濃ゆい男になりましたホリです。

最近平日休みになってから、電車に乗るたび
人が多いやんけ…てなります。
人は環境に適応する生き物だと、賢い人が言ってますが本当にその通りだと思います。もうこのリズムに適応しちゃってますわたし。

さて、自由気まま勢いだけでいつも書いている私のnote。いつもお読み頂きスキやTwitterでのシェア等ありがとうございます!かなりモチベーションになっているので、引き続き毎日更新頑張ります!!

今回もただ私が書きたい内容の乱書きなんですが、、笑

進撃の巨人です!

大人気漫画として、もはや知らない人の方が珍しい作品ですね!

ついに2021年、完結を迎え再び熱狂と話題を呼んでいる作品。

21世記最大の問題作とも言われた進撃の巨人。

私は今まで読んだ漫画&アニメでNo1は?と問われると食い気味前のめりで、進撃の巨人!!と答えます。今日は、私のそんな進撃の巨人愛を語りたいと思います。※ちゃんとビジネスにも通じることを書きます


【目次】
1、進撃の巨人との出会い
2、我慢の期間
3、進撃の巨人をバイブルとして決めた社会人5年目
4、諌山創先生のすごさ

1、進撃の巨人との出会い

私が進撃の巨人と出会ったのは連載が始まった初期である2009年、私は当時大学1年生でした。いつも訪れる地元の書店で、その時は目当ての漫画はダイアのAと言うこれまた大人気野球漫画ですが、その最新刊を探しに訪れました。しかしながらお目当てのものが置いてなくて肩を落としていた矢先!
一つの漫画が眼目に飛び込んできました、、!

画像1

理科の実験体と闘っている!?


第一印象はそんな頭が悪すぎる言葉から始まりました。

でも本当にインパクトがあったので、吸い込まれるように手にとりレジへ。


2、我慢の期間

第1巻を読んだ感想は、、

絵が、、見づらい、、、、

当時の私は、ミーハーな作品ばかりに囚われており綺麗な絵と読みづらい絵

という2択でしか漫画を評価してませんでした(笑)青いぜ。。

まあ絵もさることながら、内容も意味がわからないまま巨人に襲われて食われまくり、主人公のお母さん食われるし、、

うわあ、、、読み続けるのしんど、、

こんな感じでスタートしました(笑)

結構この反応は、読み始めた人はあるあるではないかと思います。

絵面と内容が、気持ち悪さと理不尽さをマッチさせていて、特に女性はとっかかりが難しいと思います。事実私の周りでもリタイア勢多いです。

しかし、展開が読めないだけに気持ち悪いながら続きが気になる、、

怖いもの見たさとよく似たあの感覚に囚われ、2巻3巻と我慢して見てみよう、となんだかノルマのように読み続けました(笑)

3、進撃の巨人をバイブルとして決めた社会人5年目

いきなり話はとんでしまうのですが、正直我慢の期間を抜けるのは早かったんです。

そうですね、読んでない方はネタバレになってしまうのでここらでスワイプして欲しいのですが、、

女型の巨人が急に現れて調査兵団の仲間を殺しまくる場面、ここから一気に面白さが加速しました。

まず巨人は何か未確認生物的なエイリアンとかそっちだと思っていたのに

どうやら人間が巨人になれる?みたいな話を匂わせてきたんですね。

諌山マジックに取り憑かれたのはここです、確か少しペース遅く読んでいたので、ここに差し掛かったのは大学4年の就活終わりだったと思います。

面白い!となったと同時にアニメ化もされて、絵が見にくいという悩みも解消され、より進撃の巨人にハマって行きました。

今までハマった漫画は、NARUTOやワンピース、鋼の錬金術師など少年漫画の王道中の王道を闊歩しており、どことなく主人公の感じや物語の構成ってどれも通じるものがあるので、ある意味で予測がしやすい部分もあったんですね。(もちろん良い意味で予想を裏切られる方が多いですが)

しかしながら、諌山先生。

こんな、意味わからん、予想なんてしようものなら宇宙のこと考えるくらい頭がおかしくなってしまう作品を、なぜ創造できるのか。

哲学、現実、そして神話が綿密に盛り込まれすぎてて

私のような足りない頭では予想はおろか、キャラクターの言葉の真意さえ読み解くのに時間がかかってしまう。

そうする中で、社会人になり仕事を知り、自分の足らずを知り社会の残酷さを知り、徐々に進撃の巨人が訴えるメッセージが垣間見えてきました。

社会人5年目、転職を決意する年に決めたんです。

おれ、この漫画を人生のバイブルにする、と。


4、諌山創先生のすごさ

先ほども述べましたが、ここまで読み進める中で気になったのは

登場人物のセリフのやり取りが、含みがありすぎてどれが真意かわかんないという点です。

よく、アメリカの映画などでジョークや皮肉を言うシーンがあると思うんですけど、あれってそのままの言葉の意味ではなく、その言葉の逆説であったり比喩表現をしたりして、視聴者を飽きさせないよう構成されています。

しかし、進撃の巨人はもはやジョークや皮肉なんてレベルじゃないんです。

表情と言葉、そして次の場面で映し出される景色や生き物。

それらを駆使して、全力で読者に頭を使わせるセリフを言うんですよね。

多分、真に受けてキャラのセリフそのまま受け取ると、は?何言ってのこいつで終わると思います。

でも考えないと、置いて行かれるんで読者は嫌でも

え、まって今のは??なんでああ言ったの??なんで殺すの??ってな勢いで思考フル回転せざるを得ないのです。

まじで進撃の巨人は、息抜きで見れる漫画ではありません(笑)

※進撃の巨人を見るときは、詳しい巨人ヲタクを隣に置いてみるのをお勧めします

そこが、諌山先生の凄さです。凄いと言う言葉は本来、ゾッとするほど恐ろしいと言う畏怖の念を指しますが、本当にその通りです。

恐ろしすぎます。

1作品の中で、挑戦、戦い、仲間、死、人種差別、貧富の差、正義、戦争と言った現代の社会問題全てを詰め込める、あのスマートさ。

諌山先生の脳みそを一度解剖して見せて欲しいですね、しませんけど。

そしてビジネスマンである私が、進撃の巨人から受け取ったメッセージwp最後にご紹介したいと思います。

主人公エレンの有名なセリフです。

俺たちは皆、生まれた時から自由だ。それを拒むものがどれだけ強くても関係ない。※一部省略※どれだけ世界が恐ろしくても関係ない、どれだけ世界が残酷でも関係ない!戦え、戦え、戦え!

ここに、今を生きる全ての人に向けた思いを感じます。

もちろん、色んな名言がある作品なのであくまで私が個人的に感じた一部分をご紹介しているだけですが、この言葉を自分の人生に向けて見てください。

世界が残酷かもしれません、理不尽だし恐ろしいかもしれない。

しかし、そんなのは関係ないんです、

この世に生まれた以上、戦わなければ死ぬだけ。戦わないと勝てない。

私も、こんな素晴らしい作品と出会えてのは今まで少ながらず自分自身と闘って、選択をし生きてこられたからだと思います。

私が戦わず成長を止めていたら、おそらく大学生の時にリタイアしていたでしょう。読み続けることができて、自分を褒めてやりたいです。

そして、これからも残酷で理不尽なまさに「巨人」のような現実問題が幾度無く襲ってきます。それに向かって戦わなければならない、そう戦え戦え戦えです!

まだまだ話足りないくらい、進撃の巨人と言う作品は奥が深いので

自分のストレス解消と、非力ながらこの作品の素晴らしさを発信することで、恩返しができればと言う思いから、ちょこちょこ記事にして行きたいと思います\(^^)/


では今日はこの辺で!


この記事が参加している募集

人生を変えた一冊

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!