HONOKA SHIZUKU

紡ぐ赤い糸、誰かを救う言葉、自分を助ける言葉、私を勇気付ける言葉、あなたを愛する言葉、誰かは自分で私であなただから。 written by HONOKA SHIZUKU / Honoka Shizuku. / ほのか しずく / ホノカ シズク / 洸 雫 /
固定された記事

好きな詩を詠む #1

00:00 | 00:30

ぼくのすきなものは ぼくがきめる きみのすきなものは きみがきめていい せかいは こんなにもひろくて ふしぎであふれている こころのなかは うちゅうみたいにひろい あ...

「詩を歌う日」

音声配信を始めました。マガジンも作りました。 小さな告白と、見え隠れする真実と、見えない世界の側面と。 新たな表現と、声の暖かさと、音の揺らぎと、その温もりと。...

つぶやきポエム38

2020/01/25 20:56 書きたいなんて 思ったことはないよ 何か書かないと 生きてこれなかっただけ 書きたいなんて 生ぬるい温度 触れたら 焼けるような冷たさで 触れたら...

つぶやきポエム37

2020/01/24 23:23 言えた 言えた 言えたよ 言えたんだ やっと きみに きみが話す きみが笑う きみが嬉しそうだったのは 気のせいでもいい わたしの気持ちがうれしい そ...

書きたいなんて
思ったことはないよ

何か書かないと
生きてこれなかっただけ

書きたいなんて
生ぬるい温度

触れたら
焼けるような冷たさで

触れたら
蒸発するくらいの熱さで

優しくなれたよ 大きくなれたよ
痛みを知ってるのは強さだよ
弱さと同じくらいの力だよ

*洸 雫*

歌を詩うことで生きてきたの

ここまで繋いできたよ
声も 体も 命も 灯火も

言えないことだらけだよ
癒えない傷ばかりだよ

消せない記憶と
消えゆく君と

何もかも連れて歩いてきたんだ
捨てることも 諦めることも
何度も選んで 声を枯らして

詩を歌ってきたんだ

*洸 雫*