見出し画像

自分のペースで前向きに。「西の魔女が死んだ」


前回の記事から10日近く経ってしまいました。
季節の変わり目のためか、子供達の学校が再開したためか、体の調子が良くなくて、心も疲れが溜まってしまって。
子供と一緒に毎晩9時半に就寝していました。

元気を取り戻したくて、頼ったのは友人たち。
LINE通話でお喋りしたり、お互いマスク姿で久しぶりに対面でお喋りしたり。
もともとは子供繋がりでできた「ママ友」だけど、いまは子供は関係なく自分自身の「友達」と私は思ってます。いつもありがとう。

もうひとつ、気分がすこし上向きになったきっかけは、Netflixで観た映画「西の魔女が死んだ」
梨木香歩さんの小説が原作です。

中学に進んでまもなく、どうしても学校へ足が向かなくなった少女まいは、季節が初夏へと移り変るひと月あまりを、西の魔女のもとで過した。
西の魔女ことママのママ、つまり大好きなおばあちゃんから、まいは魔女の手ほどきを受けるのだが、魔女修行の肝心かなめは、何でも自分で決める、ということだった。
喜びも希望も、もちろん幸せも……。その後のまいの物語「渡りの一日」併録。
■梨木香歩
1959(昭和34)年、鹿児島生れ。英国に留学、児童文学者のベティ・モーガン・ボーエンに師事。『西の魔女が死んだ』で日本児童文学者協会新人賞、新美南吉児童文学賞、小学館文学賞を、『裏庭』で児童文学ファンタジー大賞を受賞。

原作も読みたくなりました。娘が6年生くらいになったら、読ませてあげたいです。
本棚に置いておけばいまでも勝手に読むのですが、4年生のいまより、6年生くらいになった娘に届けてあげたいような気がしました。


思春期、繊細な子

主人公の女の子を娘に重ね合わせて観ていました。
繊細な子。娘に似ているなと思って。
「まい」がおばあちゃんから大切な言葉をもらったように、娘はこの本から大切な言葉を受け取れたらいいな。

2017年刊行の新潮社版は、おばあちゃんのモノローグ含むサイドストーリー3編が併録されているそうです。読みたい。


「扱いにくい子」

映画では主におばあちゃんと主人公「まい」との日々が描かれていて、お母さんやお父さんとのエピソードは少しだけ。

夜遅く、母親が誰かと電話していて、「昔から扱いにくい子だったから」と言うのを、暗くなった子供部屋で娘が聞いてしまいます。

・・・私も娘に対して同じこと思ったことあります、「扱いにくい子」。
本当に一筋縄ではいかない子なんです。短所でもあり長所でもあるんですけどね。

お母さんもまさか子供が聞いているとは思っていないでしょう。
私も軽い気持ちで口にする言葉が知らない間に娘を傷つけてしまわないようにしないと、なんて、母親の方にも共感しながら観ていました。


この前Amazonプライムで観た「坂道のアポロン」も素敵な映画だったなぁ。音楽って良いですよね。
私にも音楽仲間がいたらいいなぁ。大好きな漫画「BLUE GIANT」を読み返したくなりました。

次は「湯を沸かすほどの熱い愛」を観たいです。noteで紹介してくださってる記事を読んで、すごく期待が高まってます。楽しみ。

映画ってほんとにいいもんですね。さよなら、さよなら、さよなら。おやすみなさい。


大大大好きな漫画。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは書籍購入に充て、noteの記事として還元させていただきます \(^o^)/

ありがとうございます♡
7
本が大好きすぎる小4娘と強い生き物の図鑑が好きな小1息子を育てる主婦KEITH。 学習マンガを使って親も子もゆるくのんびり学びのある毎日を過ごしています。 第一目的地を変更し、インターネット書店員を目指しています。

こちらでもピックアップされています

《 note書店 》書店員を目指す主婦KEITHの日常
《 note書店 》書店員を目指す主婦KEITHの日常
  • 24本

日記、備忘録、最近読んだ本、子育てや家族、思いつくままに書いてます 。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。