見出し画像

育休中の友人を会社のリモートアシスタントに。

↑写真はイメージです。この子は育休中ではなく、私の先輩moronnonです。

私は、会社員としては、
写真がスマホから簡単に売れる「Snapmart」で営業をしています。
(パラレルキャリアでホームパーティープランナーをしています)
今年2018年の2月に入社しました。
 
以前の会社も20名くらいの会社で、とても自由に働かせてもらっていたのですが、Snapmartに来て更に自由度が上がりました。
Snapmartはスタートアップ企業ではあるのですが、現在はPIXTAの子会社でオフィスも同じ為、大きな会社に転職した感が私的には強いです。
しかもPIXTAは上場企業な為、勝手に固い会社なのかと思ったら全然。
 
とても自由で、そして働きやすい会社です。

例えば、
・服装がラフ(スーツ着ている人とかほとんど見かけない)
・フレックスタイム制(みんな本当に自由に使っている。今日は17時に帰ります〜とか。)
・自分のデスク以外にカフェスペースがあってそこで仕事しても良い
・イヤホンしながら仕事(なぜなら、みんなのデスクの上に固定電話がない。電話があるのはカスタマーサポート系の一部の人のみ。隣の席の人との会話も基本ビジネスチャットツールで行う。電話取らなくていいのは衝撃的だった。新人と言えば電話取りだと思っていた。)
・副業OK
こんな点がSnapmartでもPIXTAでもとても普通に行われています。

そしてSnapmartではそれに加えて
・業務中にSNSの閲覧も発信もOK 
(むしろSNSは使いこなした方が良いとされています)
・昼休みでもないのに、「眠すぎるのでちょっと寝ます!」とか言って机に顔を伏せ出す。

・毎週水曜日は、リモートワークデー(どこで仕事してもOKです)

な点が加わります。
フリーランスの人からすれば、そんな事で驚くの?って感じかと思うのですが、私的にはとても驚くほど自由な環境で、この環境にとても感謝しています。

特に水曜日リモートワークデーのおかげでめちゃくちゃ身体も生活も楽です。それについてはこちら
在宅勤務をやってみて→ http://blog.livedoor.jp/cozy_homeparty/archives/74645500.html

そして、今月からますます会社に感謝する取り組みが始まりました。

なんと、私の友人で育休中の子と、私の営業部のリモートアシスタントとして業務委託契約を結びました。その子は来年の4月に育休から会社に復帰する予定なので、Snapmartでのリモートアシスタントは副業です。

その友人は、
数年前、東京から長野に移住。
会社の仕事大好きらしく、出産前まで、長野から東京まで新幹線通勤で仕事を続ける。出産。
何か社会に関わりたい!!転職を1回もした事なく他の会社の仕事のやり方とかをみてみたい!
と言っていた子でパラレルキャリアプロジェクトも色々一緒にした子だったので、仕事のやり方で信頼していた子でした。
 
Snapmartの私のいる営業部は、2名。
新規アポから、見込み客アプローチから、ディレクション、フォトセミナー、公式SNSの更新、個人のSNSでの発信、契約書の送付、請求書の作成、全部やっています。
PIXTAの経理部と法務部の方が、難しくて細かい部分は色々やってくれているのですが、それでも販売しているプランが多いし、手一杯!
 
インターンをもう1名雇うかって話になった時に、「育休中の友人」の話をしてみたら、トントンと決まりました。 

現在、そのリモートアシスタントの子には、
・資料ダウンロードへの一次対応
・書類・資料の作成
・Instagramでの発信
・クリエイタースカウト
などを
1日2-3時間で週3日くらいで終わる量を目処にお願いをしております。
 
全てやり取りはSlack。
その子は日中は子育てがメインで、お子さんがお昼寝中とかに確認してくれたり、まとまった作業が必要なものはお子様が寝た後にしてくれているようです。

リモートアシスタントを頼んでみて、私たちはめちゃくちゃ助かってます。
メリットしかありません。
具体的には、
焦りがなくなった(あれもしなきゃ、これもしなきゃという)
・ミスが減った(外注する事で、二重チェックが強化されたから)
・未来のための種まき活動をしてもらえるようになった(時間があったらやりたい事がたくさんあったから)
・ユーザーさんの満足度を上げる取り組みが出来る様になった(今までは、目先の売り上げに繋がる事を優先させてしまいガチだったから)

こんな点でしょうか。
しかも社会人経験10年の経験値はいい!
メールの対応とか何も教えなくていいし、目的とか目標を共有すると、
汲み取ってくれて工夫してくれる!!
また別業界にいた視点が役立っている面もあります。

もちろん難しい部分もあります。
 
・その子がどんな状況かが読めない
・的確に漏れなく指示しないと時間がかかる

急ぎの仕事は依頼しないというルールにしているのですが、今の業務量は多すぎないのか?という心配はいつでも付いて回ります。状況が読めないから。

依頼して、その子が確認するのは私達が仕事終わって家に帰ったあと。
オフモードになった頃です。

ここはこういう事ですか?これってどこにありますか?
こういう質問をリモートアシスタントに沸かせちゃうと、その日はその子は何も進まない事になります。私たちが質問に答えられるのは次の日の朝だから。

この2点に関しては、定期的に状況を把握する努力をし、指示内容もしっかりとお伝えできるようになれればなっと思ってます。

「育休中の子にリモートアシスタントを依頼」 

初の試みでしたが、Snapmart的にはとっても良い取り組みになっています。

働き方は、それぞれの嗜好とそれぞれのステージに合わせて柔軟に色んな選択ができるといいですよね。

次回はリモートアシスタントになった側からの視点を赤裸々に、まとめてもらいます。

最後に宣伝いいですか。Snapmartでは現在、
一緒にサービスを考えて盛り上げたいiOS & Railsエンジニア募集中です。
https://www.wantedly.com/projects/107393

週2出社からOKの企画営業アシスタントも募集中!(こちらはアルバイトです)
https://www.wantedly.com/projects/225188


左から時計回りに
わたる君:見切り発車でハラハラさせるけど、MTGでは鋭い意見で切り込む。目指せグロースハッカー!毎週金曜日はみんなのデスクとゴミ箱を片付けてくれるきれい好きな大学生インターンです。

もろんのん:謎な名前でインスタを始めたら、フォロワーが7万人までいったトラベルフォトグラファー 兼 Snapmartのクリエイティブディレクター。これだと思うと周りの声も聞こえず急に走り出すので注意です。

岡さん:PIXTAの上場前からいる社員で、経験値が半端ないSnapmartのマネージャー。いつも穏やかで、怒ることってあるんですか?っと毎回メンバーに聞かれる元ロン毛な人です。

さやかちゃん:自分のことアピールするのは苦手なんですよっとかいう元アイドル。マーケットプレイスのあれこれや、開発との間にも入ってくれている見かけによらず数字に強い子です。

肌研:毎日髪型を変えてきてるらしいけど誰にも気づいてもらえない大学生インターン。写真が好きで、コンテスト周りやSnapmartのイメージに関わる部分を担当してくれています。

最後、私。

そして、先日より
Chiさん:元気で明るい癒し系ベトナムとのブリッジエンジニア。
も入社!

あとはベトナムにエンジニアチームがいます🇻🇳
こんなメンバーで楽しく働いております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポート頂いたお金を貯めて、やりたい事は「30代既婚女子のSNS消費」の座談会を行う事。若者のSNSの使い方よりも、お金がある程度使える人たちのもレポートしてみたいと思っています。

励みになります!ありがとうございます!
51
Snapmartで営業をしながら、パラレルキャリアでホームパーティープランナー/パラレルキャリアのオンラインコミュニティマネージャー。noteではSNS周りの事、パラレルキャリアのこと、マネージャーの仕事の事を書いています。Instagram @ayumi4079

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 19522本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。