見出し画像

僕がカリフになったのでレポートしてみた。

やってきたのは、とあるカフェ

画像1

駅から歩くこと、14分。
ひっそりと佇むこちらの名前。
中東カフェ・文化サロンfinjan

この機会がなければ、
おそらく訪れることのなかった場所。

扉を開けると、
「カランコロン」と小気味のいい音がして
アラブの世界が眼前に広がる。

画像2

画像3

カフェということだから、
もちろん、オーダーもできる。

ヘーゼルナッツのトルココーヒーと
抹茶とピスタチオのムハッレビ

画像4

コーヒーの温もりに
緊張がほぐれたところで
本日のメイン、ボードゲーム
カリフ』の試遊会が始まった。

画像5

名前の通り、イスラム教に関わって
さまざまなことを考え、行動して
名声を高めていくのがこのゲーム。

中央の得点板の周囲をコマが進み、
立ち止まったカードに合わせ、
礼拝をしたり、異教徒と闘ったり、
イジュティハード』と呼ばれる
問答に、自分の考えを表明したり。

画像6

(クラウドファンディングページより)

そういった一つ一つが、
自身のカリフとしての素質
知らしめていく。
(「バイア:誓い」による選出)

通るべき道

ボードゲームにのめり込んだことの
ある人ならわかると信じたい。

ゲームに集中すると、
「他のことを忘れてしまう」
ということを。

そう、
抹茶とピスタチオのムハッレビ
(トルコ風プディング)である。

画像7

そして、プレイヤーのコマが
止まったのが、

画像8

断食である。

おわかりいただけただろうか。
(この後、数ターン断食(ラマダーン)が続く)
(なお、断食が解けた次の瞬間に
また断食が起こることなど知る由もない)

カードの詳しい説明は
ゲームマーケットサイトに譲る。
他にも興味深いカードがたくさんあるので
ぜひ、ご覧いただきたい。

語りたいことはまだまだあるが、
楽しみたい人のためにネタバレはご法度
ということで、この辺で幕引きとしよう。

因みに2テーブルで行ったため、
カリフが2人誕生し、再度カリフ選挙。
イジュティハードにより、多くのバイアを
獲得し、選ばれし本日のカリフに。

人生初の同人誌を手にした瞬間でもあった。

画像9

あなたもカリフになろう。

最後に答えたイジュティハードは
思い出したら追記します。

ボードゲーム『カリフ』
前述のクラウドファンディングにて
入手済みですので、
プレイしてみたいという方
このnoteにコメント
ツイッターのDMにてご連絡ください。
ご希望が多ければ、大阪・京都など
にてボードゲーム会の開催を考えます。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

🍀気づきと、希望と、キッカケと。🍀 2年間、教師ののちテストを作る編集部 不登校や発達障害の子との出会いから、 世の中には困りを抱えた人がたくさん いることに気づき、認定NPOのDxPに 関わり始めた。 https://mobile.twitter.com/MDATAM5

いつもありがとうございます!
7
🍀気づきと、希望と、キッカケと。🍀2年間、教師。のちテストを作る編集部に。不登校や発達障害の子らとの出会いから、知っている以上に世の中には困りを抱えた人がたくさんいることに気づき、サポートを始める。▶︎ https://mobile.twitter.com/MDATAM5