見出し画像

クリエイターとして百貨店出展を重ねる度に、自身のブランドを見つめ直すきっかけになっている

8/19~9/1の2週間
伊勢丹浦和店3F Slice Of LifeでのPOP UP出店をさせていただきました。
ちょうど1年ぶりの浦和店の出展で
思い起こせば1年前の出展が、クリエイターとして初めての百貨店出展でした。
1年前の出展の経緯は、私にとって忘れることができない出来事。
4月に日本橋で行われたOLD NEW MARKETに出展していて
そこでバイヤーの方にお立ちより頂き私の商品をご購入いただきました。
何も知らず、私はいつも通りの接客をさせて頂いていたのですが、最後に実は、とお名刺を頂き、今度改めて商談を、とお話をいただいたのです。
そして本当に改めて商談をさせていただき、出展が現実となりました。
それまでずっと、クリエイターとして百貨店に立つことを目標の1つにしてきました。
そして行動に移す為、ちょうどその年の秋開催の合同展示会roomsにエントリーしていたのです。
まさかその前に出展をする機会をいただけるとは思ってもいなくて、ただただ驚き、そして直前まで実感が湧かなかったのを覚えています。

しかし初めての出展は恥ずかしい結果だったと自分では思っています。
売上も、接客も、商品の展開も…全てにおいて私の未熟さを実感した1週間でした。

この初めての出展の後、本当に四六時中考えていました。
悔しい気持ちと情けない気持ち、そして自分のモノヅクリに自信がなくなりました。
しかしこれで終わりたくない、そう思う気持ちは日に日に強くなり、まずは手を動かす、考え、そして作る、自分らしさと、商品としての価値、それをどのように共存させるのか、頭の中でぐるぐると。

その後9月の展示会でバイヤーの方が来てくださり、改善のスピード感や、前向きな気持ちを褒めて頂けたこと、今でも覚えています。泣きそうになったなぁ。

たくさんの作家のなかから私を見つけてくださり、全く結果がだせなかったにもかかわらず、それで見切りをつけることなく、また一緒にお仕事をする機会をいただけたことに、本当に感謝しています。

roomsに出たことで、この1年、他にも百貨店の出展の機会をいただき、毎回勉強でした。どの出展も、心から感謝しています。たった一人の小さなクリエイターズブランドに、出展の機会をいただけるなんて、本当にありがたいことです。各バイヤー様に感謝をしていますし、その気持ちを表わすためにも、私が成長していかなくてはと思っています。

今年はコロナの影響もあり、前半の出展はほとんどキャンセルに…
そんな状況を心配してくださり、スケジュール的にタイトではありましたが、今回の出展のお声がけをいただきました。

嬉しかったなぁ。
嬉しくて、興奮して、やる気が満ち溢れてきました。

継続してお仕事をいただくことが、2年目の目標の1つだったのです。
と同時に、1回目のような失敗を繰り返してはいけないというプレッシャーも感じていました。

製作を止めることができない状況もあり、2週間のうち前半の1週間のみ、私が店頭に立ち、後半はスタッフの皆様にご協力いただきました。
元々お得意様も多い売り場で、スタッフの皆様のお人柄やチームワークも感じ、勉強になることばかり。そのような環境でお客様にHOLOHOLO BIYORIの商品をご紹介させていただけたとこ、本当にありがたい機会でした。

そしてもう1つ。これまでは雑貨部門でのお取り扱いが多かったのですが、今回初めてファッション部門としてご紹介をさせていただいたいたことが勉強になりました。個性豊かな商品であることは間違いないので、だからこそ気に入ってくださるお客様もいらっしゃいますし、逆に、どう合わせることができるのか、迷われる方もいらっしゃいます。両方同じくらいいらっしゃいます。それを実際のファッションと絡めてお客様にご提案させていただけるというのは、私自身にとっても接客方法の幅が広がり、そしてこれまで以上に自身のブランドの強みを客観的に知ることができるいい機会でした。

嬉しかったのが、ご購入いただいた数日後に、Coffee Bagを持ってお立ちより頂き、ご自身のコーディネートを見せてくださったり
数日後にもう1個、と追加購入の為にお越し頂いたり
迷われたお客様も、再来店頂きご購入頂く事が本当に多かったです。
1年前の出展を覚えていてくださったお客様も何人もいらっしゃり、また来年会いましょうね、とお声がけ頂いたのも、嬉しかったなぁ。

この1年で少しは成長できたかな、と、自分でもクリエイターとしての手ごたえを感じるとともに、さらに目標が見えました。

10月は合同展示会PLUG INと、同日程で横浜での出展があります。
しっかりと準備をしていきたいと思います。

画像1

画像2

画像3

画像4


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thanks!
6
1本の糸が繋ぐコーヒーの世界 https://linktr.ee/holoholobiyori
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。