【2021掛川城PM】Vol.13 イベント大成功!皆様ありがとうございました!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【2021掛川城PM】Vol.13 イベント大成功!皆様ありがとうございました!

吉川 牧人(Makito Kikkawa)/高校教師 世界史 ICT

掛川城プロジェクションマッピング、いよいよ当日

2021年12月25日(土曜日)、掛川城でプロジェクションマッピングを行いました。

掛川城プロジェクションマッピングは2017年から、地域の高校生が、掛川市を活性化しようと始めたイベントです。

今回のテーマは、山内一豊。掛川城を築城した戦国大名です。この山内一豊は、その後土佐の大名となり、高知城を築城しました。この時、掛川城をモデルに高知城を作ったと言われています。

高知城の山内一豊公

この山内一豊のご縁をもとに、今回はコーチとコラボしながら作品作りを行ってきました。

プロジェクトチーム


今回のプロジェクトチームは下図の通り

2021年度の掛川市のシティプロモーション市民協働事業に応募し、採用されました。このことにより、掛川市役所企画政策部の全面的なサポートをしていただきました。

城の使用許可や、城のライトアップの消灯、マスコミへの情報共有など、さまざまなことにご協力いただきました。試写も計4回やりましたが、毎回同行していただき、土曜日などの仕事がお休みの時でありながらご尽力いただきました。

映像制作は、島田市を拠点にプロジェクションマッピングを行なっているHAL Laboさんにご協力をいただき、演出プロデュース、制作指導、OP制作を行なってくださいました。

当日準備

明るいうちから足場や道具の準備

イベントスタート!

イベント開始時間の17:30になると、会場の天守閣広場に入れないくらいのお客さんで溢れかえりました。

30分の内容を5回、繰り返し上演しましたが、計2000人以上の方々にお越しいただけました。

新型コロナウィルスの流行以来、掛川市で初めての本格的なイベントを行うことができ、老若男女、市内外の多くのお客様に喜んでいただけました。

またYouTubeライブでも配信したので、現地にお越しいただけなかった方々にもご覧いただくことができました!
YouTubeライブのアーカイブはこちら↓

投影したプロジェクションマッピング

協賛・協力団体

今回のプロジェクトには多くの協賛・協力団体の応援がありました。

プロジェクションマッピングの演出プロデュース、制作指導、OP制作をしていただいたHAL Laboさん
記録映像等を担当してくださったVideographar匂坂秀樹さん
ドローンによる記録映像を担当してくださった菅原さん
会場に至る道を美しく彩ってくれた竹燈籠。
三の丸広場に出店してくださった5つのキッチンカー
連雀交差点のそばに出店してくださったセントクロワール
協賛してくださった20社の企業・団体

皆さんのご協力で、コロナ禍でありながら9回目の掛川城プロジェクションマッピングを盛大に行うことができました。

本当にありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Gracias スペイン語でありがとう!
吉川 牧人(Makito Kikkawa)/高校教師 世界史 ICT
静岡県の掛川という街にある公立高校で世界史を教えています。 ライフワークは生徒と一緒にやる掛川城プロジェクションマッピング! ICTとアクティブラーニング・グローバルの融合した授業を目指しています。 趣味は海外探検!