見出し画像

学歴コンプレックスの僕は、プログラミングに出会って初めて「誰かのため」になれた(hokan CTO横塚出インタビュー)

エンジニアが貪欲に技術を追求するのはなぜだろうか。技術そのものが好きだから? 解決したい課題があるから? はたまた、自身の市場価値を高めるため? ここに、誰かのためにこそ最大限に力を発揮するエンジニアがいる。InsurTechスタートアップhokanのCTO・横塚出だ。彼はどのようにして保険領域トップレベルの技術集団を率いるようになったのか。

「何かを生み出さなければ」という焦りをプログラミングが解消してくれた

――大学在学中に起業を経験されたそうですね。
友人からクラウドファンディングのプラットフォームを作ろうって誘われたんですよ。当時プログラミングはほぼ未経験だったんですけど、「横塚なら数学が得意だからできるだろう」ってことで。

結局リリースまでは至らなかったんですが、この時に挑戦したプログラミングがとにかく面白くて。人生で初めて心から好きになれるものが見つかったと思いました。

――プログラミングは自発的に始めたわけじゃなかったんですね。開発は、独学で?
そうですね。Railsで開発を始めたんですけど、全然わからなくて。でも、わからないなりに調べて作ると、動いたものを見て周りがすごくよろこんでくれる。それが成功体験になって、ひたすら技術書を読んではスキルを磨いていきました。

そのうち、友人のつてでWeb制作の仕事が舞い込むようになり、個人事業主として請け負って実戦経験を積みました。やったことないことでも、「できます!」と言ったり(笑)。でも、絶対にやりきってましたね。

――それ以前は、どんな大学生だったんですか?
学歴コンプレックスにまみれてましたね……。僕は中高と筑駒(※)に通っていて、周りはみんな東大に行ったのに自分だけ落ちてしまって。浪人して東工大に入ったんですが、東大に行けなかったことを引きずって留年までしていました。

――そんな時にプログラミングに出会ったと。
年齢的に、そろそろサービスを享受する側から何かを生み出す側にならなければという焦りがあったところへ、ちょうど出会った感じです。

僕にとってプログラミングは誰かをよろこばせるための手段。ただ動くものをつくるだけじゃなくて、誰かをよろこばせたいというのが行動原理になっているんですよね。

※筑波大学附属駒場中・高等学校の略

画像1

新卒で1人でサービス立ち上げ。でも、やっぱりチームが作りたかった

――卒業後、2016年に物流系のシステム会社に就職されてますよね。そこでは何を?
入社後2カ月で、洋服の預かりサービスを立ち上げました。スタイリストや洋服を大量に保有している個人向けで、アプリを使って洋服を預けたり、保管状況が照会できたりするサービスです。

僕はPMとして、ユーザー向けのアプリ、管理画面、集荷や検品・在庫管理のアプリを1人で手掛けました。

――新卒時点で、もうゼロイチのプロダクト開発をしていたんですね! 1人でもやっていける実力がありながら、2018年にhokanに移ってチームで仕事をすることを選んだのはなぜですか?
やっぱり、寂しかったんですよ。すごく。それに、当時は運用保守の仕事も増えていて、そんな中でもクリエイティブにものづくりをし続けたいと思ったら、1人でできることの限界を感じました。

それで、開発から運用保守までを優秀なエンジニアで構成したチームでできたらいいな、と思うようになって。hokan入社後は、その実現のため人材を募集してチームをつくりました。

――入社後、hokanでの開発実績を教えてください。
最初に開発したのは、保険代理店向け顧客・契約管理サービス「hokan®」の前身となるBIツールです。

約3カ月で開発し、その後ヒアリング結果をもとに1週間でサービスを閉じたんですが、すぐまた2ヶ月後に「hokan®」のベータ版をリリースし、改善を経て今の正式版に至っています。スピード感を持った意思決定を重視して進めてきました。

目指すはInsurTech領域のクリエイティブな技術集団

画像2

――「hokan®」は保険業界にどのような影響を及ぼすのでしょうか?
「hokan®」は、保険代理店営業向け顧客・契約管理サービスです。保険契約者である個人のお客様に適切なライフプランを提案し、適切な保障/補償の確保や資産運用を促していくための営業サポートツールです。これまで点在していた顧客情報や契約情報を一元管理可能にし、保険営業を起点に業界全体をスマートに変えようとしています。

いずれは保険代理店だけでなく、消費者向けにも保険管理アプリを提供し、人々の金融リテラシーを高めることができればという夢もあります。

――InsurTechに携わる醍醐味を教えてください。
近年、世界的にInsurTechの波が来ていて、国内でも保険業法の改正を機にInsurTechへの関心がますます高まっています。そんな中、国内でこの領域をリードする企業はまだ出てきていません。注目の領域で自分の力を試したいエンジニアには、今こそがチャンスだと思います。

――そんな注目の領域で頂点を狙うhokanエンジニアチームの強みは?
InsurTech領域のエンジニアが不足する中、複雑な保険の仕組みを理解してスピード感を持ってキャッチアップできる、トップレベルのエンジニアが集まっていることですね。

――優秀なエンジニアが活躍できる環境をどのようにつくっていますか?
僕は、壁にぶち当たって乗り越えた経験が、その後の自信や成長につながると信じています。なので、チームメンバーには挑戦や失敗をたくさんしてもらえるよう、メンバー自身が意思決定できる範囲を増やしています。基本的に、僕が半年前にやっていた仕事は権限委譲すると決めていますね。

ただ、僕自身の経験を振り返ってみても、辛い状況で無理してがんばっても思うようにスキルは伸びません。僕らが目指す“InsurTech領域のクリエイティブな技術集団”にふさわしい、楽しく働ける環境をつくれるよう、今後も継続的に取り組んでいくつもりです。


【エンジニアMeetupのお知らせ】
hokanはフロントエンドエンジニアのミートアップを開催しています。

画像3

2019/11/25(Mon)19:30~
【hokan×Hackers Bar】Engineer Night Roppongi  @Hackers Bar 
 https://hokan.connpass.com/event/142248/

【hokanはエンジニアを募集しています】
ご興味お持ちいただけた方は是非カジュアルにランチしましょう!
https://www.wantedly.com/projects/340546

画像4






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わーーーい♡
20
こんにちは、株式会社hokanです。 私たちは、保険業界のアップデートを目指し、InsurTechSaaSを開発している会社です。 もしよろしければ、hokanについてご紹介させてください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。