見出し画像

集客における2種類のアプローチで理想の顧客を獲得する方法

どうも天村です。

今回は「集客における2種類のアプローチで理想の顧客を獲得する方法」をお話します。

文章ではなく動画で見たい方はこちら
https://youtu.be/Azq1JlgqaQo

この事実を知らないとあなたは的外れな集客をしてしまって、
誰も集まらないという結果を招くかもしれなぐらいに
覚えておかなければいけない考え方になります。

それは何かといいますと、「共感」と「教育」です。

「共感」と「教育」

そう聞いてもいまいちピンと来ないと思うので説明していきます。

集客をするには様々なアプローチをしていく必要があります。

そのときに、すべてにおいてこの「共感」と「教育」という考え方を
理解したうえでアプローチしていけば、
あなたが集めたい属性の人を、外すことなくしっかり集めれるようになります。

裏を返せば、「共感」と「教育」という概念を知らずに、
手当たり次第に集客アプローチをして、まぁ運よく人が集まったとしても、
「自分が思い描いていた顧客像」からかけ離れたお客さんが集まりやすいよってことです。

なので「共感」のアプローチと「教育」のアプローチというのを理解して
しっかりと戦略的に分けて集客をしていきましょう。

この「共感」と「教育」おいうのはアプローチする媒体によって呼び方が変わっていきます。

たとえばブログやメルマガなんかだと「共感記事」とか「教育記事」というふうに呼ばれています。

これがYouTubeになると「共感動画」、「教育動画」というふうに呼べばいいんでしょうが、
あまりYouTube業界でこんなことを言っている人は見たことがないです。

というか多分、誰もこんなこと言ってません。

なぜかというとYouTubeというのは、メディア自体の属性的に「共感」のカラーが強いからです。

チャンネル登録者を増やして、再生回数を増やしていくのが美徳だという文化が強くてですね、
それは「共感」の特徴を色濃く出している部分だからなんです。

ですのでYouTubeは共感属性が強いですね。

あとはTwitterも共感のメディアになります。

このように利用するメディア媒体によっては「共感」には向いているけど、
「教育」には向いてものもあります。

具体的にいうと、Twitterは「共感ツイート」を量産できるけど、
文字数の制限があるから「教育ツイート」をやるのはめちゃくちゃ相性が悪いってことなんですよ。

ここまでは何となくわかってもらえますかね?

わかってもらえてると思って話を進めていきます。

じゃあ「共感」と「教育」というのは具体的にどんなことをするのか、
どんなことをやっていけばいいのかという内容が気になってくるかと思いますので説明します。

まずは「共感」について。

「共感記事」や「共感動画」、「共感ツイート」の役目はどれも同じで、
『多くの人に「あるある」と共感してもらってファンを獲得する』というやり方です。

特徴としては一撃で突き刺すというやり方ではなく、手数をかけて、
広く浅い客層が集まってくる感覚です。

YouTubeで例えるのがわかりやすいのですが、
「チャンネル登録者」を増やしたり、
「再生回数」を増やす方法が「共感動画」になります。

多くの人のニーズを満たしてあげる必要があって、
どちらかというと「あなたがやりたいこと」よりも
「顧客が知りたいこと」を優先する必要があります。

不特定多数の人に大量アプローチする方法になるので、
「クリック広告で稼ぎたい」場合は、
「共感記事」や「共感動画」をたくさんリリースすればいいです。

投げ網でたくさんの魚を捕まえるイメージです。


では一方の「教育記事」や「教育動画」はというと一本釣りのイメージです。

1匹100万円以上するようなマグロやカツオなどの大物を
ズバッと釣り上げるような感覚と言うとわかりやすいかもしれません。

大量のお客さんを獲得できない代わりに
濃度が濃い顧客の獲得ができます。

それは何度も購入してくれるリピーターになってくれたり、
ものすごくファンになってくれるような大切な顧客です。

その代わり、大量の人数を集めるのには向いていません。

なのでGoogleアドセンスやYouTubeアドセンスのように
PVや再生回数を増やせば増やすほど、収入を稼げるクリック広告などには向いていません。

「共感記事」や「共感動画」が顧客ニーズに
素直に応えるコンテンツをリリースするのに対して、
「教育記事」や「教育動画」は自分の信念や理念、
体験から得た学びや、その体験自体のストーリーなど
『あなたにしか作れないコンテンツ』をリリースすればいいのです。

他の誰にも作れないあなただけのコンテンツを作って公開していって、
それに理解してくれる人がポツポツと現れてきて、
濃度の濃いお客さんになってくれます。

ですのでこれはクリック広告などには向いていなくて、
自分の商品を販売したり、コミュニティ作りなどに向いています。

ここで僕のYouTube運営を例に話していきたいと思います。

僕はこのチャンネルとは別に『天村くんお金かしてよ』というチャンネルをメインで運営してきました。

これは始めから目標設定をYouTubeアドセンスによる広告収入にしていました。

ですのでやったことといえば、
共感動画を大量に作っていくことでした。

そこで徐々にチャンネルのカラーが決まってきました。

いまではすっかり楽天経済圏がメインのチャンネルになっています。

ただ、じつはこれは僕にとっては誤算でした。

というのも、共感動画で集めつつ、時期を見て教育動画に
シフトしていこうと考えていたのですが、
実践しても共感動画のニーズが濃すぎて
教育動画にシフトできませんでした。

YouTube集客の動画をリリースしていったのですが、
共感動画の楽天系の視聴者にとっては
「ノイズ」としてしか捉えられないので
動画を公開するたびに再生回数がじわじわ減っていく結果になりました。

そこで僕は「チャンネルをわける」決断をしたわけです。

もう『天村くんお金かしてよ』では
「僕が本当にやりたいこと」はできない状態になっていました。

だからって何も悲観することではなくて、
裏を返せば、多くのファンがすでにいて
「楽天」の話を中心に「お得系」とか「節約系」の話を待ってくれています。

ですので『お金かしてよ』のほうでは
顧客ニーズに応えるコンテンツをこれから配信していって、
新しいこのチャンネルでは自分が本当に配信したい内容を
「教育動画」として好き勝手に配信していこうと考えてます。

僕はこれまでにブログ運営もやってきたのですが、
YouTubeはブログとは違って、
共感動画でも教育動画のように
「深く突き刺ささる」という性質を持っていることに驚きました。

だから僕が予想していた「共感のちに教育へシフト」が
うまくいかなかったんだと思います。

共感動画を出していたのに、教育動画で集めたような
根強いファンがついていたということです。

ここからわかることはアプローチするメディアによっても
「共感」と「教育」の役割は少し変わってくるということなのかもしれません。

ちょっとややこしい内容で頭が整理しにくいかもしれないので、まとめます。

「共感」
客層:広く浅い
集客:顧客ニーズ優先
手数:大量生産
収益:広告収入

「教育」
客層:狭く深い
集客:オリジナル優先
手数:差別化・独自性
収益:自社商品


これを理解したうえで、
チャンネル運営やブログ記事作成などで、最終的にどうなりたいのかというゴール設定と照らし合わせて、
あなたがこれから何をしていかなければならないかを判断しましょう。

で、ぶっちゃけこのチャンネルのゴールはYouTubeアドセンスの広告収入ではなくて、
コミュニティを作るというところに設定しています。

集客、とりわけ今はYouTube集客をしたいと考えている個人や企業の社長さんに対して
コミュニティを作ってセミナーをして、一緒にYouTubeチャンネルでの集客を成功に導くというゴール設定をしています。

コンサルティングやセミナーなどをしたいのに、
共感記事や共感動画だけを作っていても理想の顧客は集まりません。

共感記事で集めておいてから、次に教育記事にシフトしていって
顧客の濃度を濃くしていく作業が必要です。

また逆に広告収入をとっていきたいのに、
多くの人が求めていない内容をリリースしても意味がないです。

たとえどれだけ時間をかけてクオリティをアップしようが
「求めているニーズ」がなければ、その時間や努力はムダなだけです。

僕はこのことに気が付かずに、数々の無駄な時間と努力をしてきました。

集客には「共感」と「教育」という
2つのアプローチ方法があるということを理解しておいてください。

そしてこれらを正しく使い分けることによって、
失敗しない理想の集客を実現することができるようになります。

ではまた!


動画で見たい方はこちら
https://youtu.be/Azq1JlgqaQo

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

副業で好きなことをして稼ぐことは誰にでもチャンスがあります。 本業がつらいからこそ、楽しい副業はじめませんか? あなたの副業ライフを応援します♪

困ったことがあれば話ききます
6
ブログアフィリエイターから ビジネスYouTuberに転身! 3ヶ月で収益化をクリアした激闘を完全公開します!! https://www.youtube.com/channel/UCamiymQRQcHxw8XVZG-zKnw
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。