友人だと思っていた人の話

消費税が10%になった次の日。サークルの活動を終えて、その同じサークルに入っていて、学校で1番仲が良いと思っていた子をご飯に誘った。その頃なんだか元気が無いというか話がうまくいかない感じがしていたけど、その日のサークル活動内ではテンション高くて、これは、今日は一緒に遊べないかなと思って。

サークルの後、彼女は荷物を置いてくるからって、建物4階へ。わたしは入り口でジュースを買って待っていた。建物から出てきた彼女は、その頃の、なんだか暗い感じを取り戻していた。まずい、なんかやったかな。気に触ること。テンション下がってんじゃん。

でも、まあ、分かんないから、いつもの通り、わたしは自転車で、彼女はバスで駅へ向かう。

駅で落ち合って、それぞれ買い物の用事があったため隣駅まで行く。電車内で会話はなかった。隣駅に着いてホームからのエスカレーターを降りるとき「ホリなんかおばあちゃんみたい」

おばあちゃんというのは、彼女のおばあちゃん。聞いた話をざっくり要約すると、心を病んでいるようで、サイコパスちっくなところがあって怖いとのこと。実際会ったこともあるけれどそんなことは感じさせなかった。まあ、そういう外向けの顔もあるところが彼女にとっては怖いのだろうけれど。そのおばあちゃんに似てると。そこでわたしは思う。今まで色々と彼女の家族が怖いんだっていう話を聞いてきたけど、もしかして、彼女が家族を怖くしているんじゃないかって。そしてわたしも彼女と関わることで怖くなってるんじゃないの。

深く詮索するのも面倒で(こういうところ、彼女には理解できないって言われる。理解できてないのに笑って済ませるとかが意味わかんないって)一旦別れてそれぞれの買い物を済ませる。

買い物を済ませてからまた落ち合う。なお続いている暗い重い空気。

何食べる?って、ショッピングモール上階のレストランの前まで行って、金ないな、ATM行くか。ATMはショッピングモールの外。外出たらまた気分変わりそう。分かる。そんな会話をしながらATMの列に並んでいたときのこと。あー、どんな流れだったかな。詳しいこと忘れてしまった。だからすごく主観が入っていると思う。

何か言われて(ここ思い出せないの重症でしょ)イラっときて、それを態度に出したら「今面倒臭いと思ったでしょ」って。「思った。てかさっきおばあちゃんみたいって言ってきたけど、それyちゃん(と言う)がそうさせてるんじゃないの」これがダメだった。もうこれで崩れた。彼女はそもそも表情つくんのとか下手クソだけどもう表情もなんもなかった。なんかヒモが切れた感じがした。その日、しゃぶしゃぶ食ったら死のうかなみたいなこと言ってたんだっけな。「最後の晩餐だね」って冗談で言ったんだけど、それを持ち出されて、「今日本当に最後の晩餐にしよ」って。「LINEもTwitterもブロックするからもう話しかけてこないで」と。そう来たか。

クソ意味分かんなくて。キレそうになった。いやキレてたと思う。「サークルどうすんの(わたしは部長彼女は副部長なので)」「事務的なことは話すから」「でもさ、縁を切るとかって1度繋がったら出来ないよ?」「だけどホリやってたじゃん」ここで、そう、自分のやっていたことに気付く。

6ヶ月前のこと、それまで楽しく遊んでいた人だったのに、理解できない扱いを受けて、わたしもひどい態度で返してしまった。それから、それこそ縁が切れたように、会話もしなくなって、まるでそこに居ないような扱いをしてきた。無視、とかではなく、相手側も避けていたしわたしも避けているというような感じ。まあでもそれか。それをしようってことだよね。と。

浅はかだ。それでもわたしはyちゃんとの関係を切りたくなかった。なんてだろうか。好きだった。友人として。友人だと思っていたから。だからキレた。マジで。キレると、感情に身をまかせると私は弱い。「それはそれでしょ」と、筋の通らないことを言う。最後の晩餐なんて言ったけど、こんな空気の中お金を払ってご飯を食べるなんて御免だ。「は?もういいよ帰ろ」

結局ごはんは食べずに帰路につく。ホームに電車が来る。ああ、ここで、彼女の手を引いて電車の前に飛び出せば、一緒に死んだら、2人ともこの先の苦しみを知らずに居られるなと思った。来たのはその駅で止まる各駅停車の電車。ゆっくりとホームに入ってくる。このスピードじゃ死ねないな。

空いていたはずのお腹もよく分からないもので満たされてしまい、最寄り駅に着いたら彼女は先に電車を降りて前を歩く。諦めたくなかった。関係を。わたしへのアンタの影響力とんでもなくデカイんだから、関係切っても切り離せない。それだけでもなんとか言いたかった。後ろから追いかけて肩に手を置く。「無理だと思うから。さようなら」

いや、何にも伝わってないだろこれ。

1
どうでもいいけど書き出したかったこと。ゲロ袋。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。