絵を描く理由

村瀬歩が占いについて知識のある潘恵子さんの言葉を語っていた。人生の大きな道筋は決まっていて、ちょっとそれたりはしても大きな川の流れには逆らえないのだそう。そっかあ...........。逆らいたくなるような気もするけど、きっとその逆らいたいみたいな気持ちも予定されていて、両親の離婚とか、転校とか、今の大学に通っていることとか、全部決まっていたことで全部必要なことだったのかなと。絵が好きだって思い込み続けてきたことも。じゃあやっぱり、絵が描きたい人でいいんじゃないかな。

分かんないけど。


—————————————————————

と考えがまとまったような気がしてから、また分からなくなる。誰にも見せずに、ただ1人で絵を描いていくことはできるけど、どうしてみんな見せたがるのか。わたしも。どうして展示して、ネットに載せて、公募に出して、ってするんだろう。

これはわたしの話で、全員には当てはまらないと思う。その上で読んでください。わたしはおそらく、小さい頃から絵を褒められていて、それがわたしの承認欲求を満たしていたんだと思う。絵を描けば「上手ね〜」ハサミを使えば「器用ね〜」折り紙を折っても「器用ね〜」   他になにか褒められたことはあったかな、考えているけどパッと浮かばない。食事中ものをよくこぼすので怒られてた。これは今も(正せ)。小学生になっても図工の授業が好きでそこではクラスの他の子にも勝てる。中学の美術の授業でも同じ。どんなに足が遅くても、計算が遅くても、わたしは絵が上手い。だから、絵が描けるということで、アイデンティティの確立を図っていたんだと思う。そうしたら高校でもそうで、わたしは絵が描けますから、と思えばなにか屈辱的なことがあっても穏やかでいられた。

でも美大に入学すれば状況は変わってくる。みんな前提として絵が描ける。そんな中で、勝たなきゃって思って、入学したての頃は必死だった。わたしが1番上手い。絶対勝つって。でもそれは思ったより困難で、勝つとかが分かんなくなってきた。すごい人がいて、上手いか下手かじゃなくて、個人の、好きか嫌いか、みたいな。これはまだ分かりきれてないけど。なんていうのかな、一見なに描いてるか分かんないけど、なんか、良い。好きかも。みたいな心の隙間を突いてくる絵があって、先生の展示とかとりあえずいっぱいみに行ってみようって思って、前のわたしだったら絶対見なかったような、いわゆる抽象表現とかも進んで観に行くようになって。そしたら、わたしの絵ってわたしが無いというか、(周りから見たらあるのかもしらないけど、そういうのに気づけなかった)描かれた絵はわたしの絵である必要性があるのか?みたいな感じになって。無理して探そうとしたけどやっぱ分かんなくて。今もまだたぶんそこにいる。探さなくて良いからとりあえず手を動かせば良いんだと思う。画塾時代から言われてた。とりあえず手を動かせ止まるな。考えすぎて手が止まることは少なくなかった。まだ、3年前からなにも成長していない。

承認欲求は、他のものでも満たされるようになっていった。そこそこ人と話せるし、仕事もそこそこできると思う。絵を描かなくても世の中楽しいものっていっぱいあるし。それよりもお金が無い方が困るんじゃない?

そうしたら、本当に、絵を描く理由が分からなくて。自分らしさが絵を描くことなのかな。でも、描いている絵に自分らしさを見つけられない。描いた絵は、他の人から見たらわたしが描いたんだって分かるのかもしれない。でも自分で分からないから、なに言われても腑に落ちない。分かんないんだよな。迷子。迷子。秋、毎年迷子になってるな。

どうでもいいけど書き出したかったこと。ゲロ袋。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。