写真の展示をしていた人の話

後輩の展示を見にデザフェスギャラリーに行ったんだけど、あそこは1つの建物に沢山の人がちょこちょこと展示していて、普段自ら見に行かないようなジャンルでも見れるのが魅力じゃない?それでまあ、とある写真を展示している部屋に入って、そこまで魅力を感じなかったので出ようとしたら出口をその写真展示のカメラマンが塞ぐように立っていて、その時点で不快感はすごい訳よ。そしたら、「このモデルの子は17歳で〜、この子は18歳で〜」とモデルの説明を始める。だからなんだ。何が言いたい。キモくてすぐ逃げてしまった。そのあと一緒にその場にいた友人も「年齢言われた意味がわからない」ということなので、モヤるじゃん?だから質問をしに行った。

ちょうどモデルさんもギャラリーに居て、超緊張した。モデルさんを傷つけたいわけじゃないから。グズグズはしたけど、最終的にはその写真家に聞きに行った友人すごいと思った。年齢言われたのはどういう意味なのかって聞くと、リアルな10代を撮ってるんですと。「カメラマンとモデルって信頼関係が大事なんですよ」「普通はカメラ向けると表情が強張ってしまうから、カメラマンとモデルの間に信頼関係が無いと自然な表情は引き出せない」どっかで聞いたことあるような文句だけどまあそこまでは分かるよ。そしたら「この子なんかすごい変わっちゃうんですよ」と1人のモデルさんが撮影の期間で姿がコロコロ変わる様子を説明してくる。なに?それは信頼関係が築けていない写真をわざわざ展示しているの。そしてやっぱりモデルさんの説明しかしない。そうじゃなくて、お前は何がしたいんだと聞いているのに。しまいには「最近は百合とか見る人多い」とか言い出して「モデルの子たちに言われて撮ったんですよ」と2人の女の子たちがちゅーする寸前みたいな写真指差して言う。いや、それ、その、モデルにそそのかされて撮ってる写真は、お前の作品じゃないじゃん。結局何がやりたいんだ。よく考えてみればあの展示空間。やりたいことよく分からなすぎて、バラバラで。モデルさんは可愛いけど、いい表情してるものもあったけど、とにかくブレブレで、お客様のご機嫌伺いって感じ。お前を表現するために展示してんじゃねえの。どうしてモデル主体になってんの。モデル主体ならモデルが生きるように撮れという感じだし。あー腹が立った。何がやりたいの?

どうでもいいけど書き出したかったこと。ゲロ袋。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。