見出し画像

Battle Chasers: Nightwar (バトルチェイサーズ:ナイトウォー)

歯応えあるコマンドRPG。
対応ハード: PS4/Switch/Xbox/Windows
オススメ度:★★★

★1戦1戦が激戦の連続!
とにかく1戦1戦が重い。
ダンジョンにはマップやボス前に1回だけ使用できる回復ポイントが用意されているものの、通常戦闘で味方に簡単に戦闘不能が出てしまうバランス。
スキルは強力だが、すぐにガス欠になる。
MPの管理をしながらも強敵にはスキルを使わざるを得ない!
という状況も多々発生し、馴染みのない状態異常がガンガン付与されて気付けば全滅目前なんてことも。
LvUPによってキャラクターの特徴がどんどん確立されていき、安定した戦いができるようになるものの、状態異常の重要度は高く、決して脳死でAボタン連打とかはできない緊張感あるものになっている。
シンボルエンカウントを採用し、ダンジョンを攻略するまで敵の再配置は起こらないのでダレることも少ない。
じっくり考えて最適な選択肢を選ぶ楽しみがしっかりとある。

★ちょっと古い感じのハイファンタジー
ファンタジー系のアメコミが原作らしく、一行は飛空艇での旅の途中に謎の部隊から攻撃を受けとある島に不時着してしまう。
おそらくは原作の物語に差し込める外伝的ストーリーのようで、キャラクターたちが掛け合いで見せるそれぞれの問題や心配の多くはゲーム中では解消されないのでその辺は原作があることを知らないと不満に繋がるかも。
スレイヤーズなどの90年代ファンタジー的な世界観でマップもその雰囲気がしっかりとしており、禍々しい、おどろおどろしい雰囲気ながら非常に美しいデザインになっている。
主人公のガリーは9歳ながらガントレットの力で強大な力を持つが制御できていない危険な立場にあったり、巨大なゴーレムは己の存在を機械としながらもパーティーは誰もが彼を優しい仲間であると思っている、などキャラクターの見た目とのギャップや相互関係もしっかりしてて編成に取り入れたくなる掛け合いイベントも幾つかあるのが良い。

★やりこみ充実
本作は舞台となる島を探索し、必要に応じてダンジョンを攻略する流れなのだが、ダンジョンには三段階の難易度が設けられている。
ストーリーを進めるにはどの難易度でもクリアすれば良いのだが、高難易度では優秀な装備が入手でき、強敵との戦いを勝ち抜く旨味は大きい。
戦闘やマップで得られるアイテムを素材にアイテムクラフトが可能であり、販売品やダンジョン入手よりも強力な装備を作ることもできる。
これらはクリア後のやりこみではなく、シナリオ進行の中で行えるやりこみ要素なので、1週を楽しみながらやりこめるのが嬉しい。
パーティーは3人編成で特に控えを使う機会も無いので、戦いに出てないキャラは育たないこともあり、メンバーさえ揃えば最後まで同じ編成で攻略するのが無難なのですが、裏を返せばもう1週を残りのメンバーで攻略するのも良さそう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1