見出し画像

【入社1年目の教科書】は普遍的な社会人ではなく、尖った社会人を目指すために必読の書

やっはろーりょーすけです。

今日は前々から気になっていた「入社1年目の教科書」を紹介していきます。

ビジネスパーソンとしての第一歩を踏み出すための心構えは、
ベテラン社員でも実践できていないものが多く、
新社会人をはじめ、後輩・部下を指導する人、
転職・異動1年目の人、仕事の取り組み方を見直したい人まで、
幅広い層に支持されている。
また、上司が部下に、親御さんがお子さんに、先輩が後輩に
贈る本としてもおすすめだ。 引用:Amazon

上記にある通り、社会人に1度は目を通していただきたい本である。


まあ、社会人経験のない私が言っても説得力皆無ですが…笑


ですが個人的に、これからあるばいとをはじめるよ!って人にも非常におすすめです!


本の内容に関してはこちらの50のルールが全てです。

画像1

私はこのルールを全て覚えることが重要とは思いません。


このルールがどういった意図、場面で必要になってくるのかが大切だと思うので、ぜひ皆さんに読んでいただきたいと思います。



私はこの本を読んで(タイトルにもある通り)

ここにあるルールを守って実行してみた上で、社会のその他1人になるのではなく、個性を発揮した尖った人材を目指しなさい!

と言われているように感じました。


この本に書いてあるルールはあくまで著者が社会経験を積んできた上での基礎ルールでしかないのです。

このルールを社会人1年目につけておくこと、意識することができていれば仕事が楽しくなる司、やりがいも生まれてくるよという意図を感じました。

その上で自分の個性を発揮し、主体的に社会に参加していければ最高に仕事が充実すると思います。


私も社会人経験はないものの、常に主体的に社会参加することは心がけていますし、バイトをしていた頃も主体的な意識を持つだけでも仕事が楽しくなった経験があります。


そうなると勉強は欠かせません。

慣れることに甘えるのではなく、常に自分をアップデートしていくことが激動の社会を生き残っていく唯一のルールなのかもしれません。。。


こちらのnoteを今回は参考にさせていただきました。

誠に勝手ながら参考にさせていただきありがとうございました!


最後に。 読んで頂きありがとうございます!そして読んだということで「ハート」をポチってください。人間リアクションは大切です。(私が言うと偉そうに聞こえてしまうのは何故でしょうか?笑)


ではまた!



この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートお願いいたします! 記事のネタ肥料にさせていただきます! 貴方のサポートによってまた一つ有益で最高の記事が出来上がります、本当にありがとうございます!

今日のMVPはあなた❗️
11
ビジョン【ゆるくてやさしいつながり(well-being)に溢れた世界を実現する】 ゆとりに関する記事、日記、読書のアウトプットをしばしば。 きっとアナタのタメになること間違いなし!コメントどしどし待ってます!僕もスキしにいきます! 新たな価値観の発見をお約束いたします!!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。