ひつじのめぐみ 山本さよ子
見出し画像

ひつじのめぐみ 山本さよ子

手編みの帽子

画像1

好みの毛糸で帽子を手編みしています。

好きな毛糸を紡ぎ、好きな形に編む。

羊の毛から好きなように作ります。

羊からの恵みを大切に存分に使います。

羊の息吹を感じながら手を動かします。

はじめまして

画像3

長野県安曇野市で羊と暮らし、毛糸を紡ぎ編み物をしています。

羊の毛色そのままを大切に手仕事をしています。

羊の毛の汚れを落とし、潤い分が残るように洗う。

羊から成る毛束のまま紡ぐ。

羊色の毛糸は、暮らしの温もりや癒しとなります。

使ううちに馴染み、自分だけの物になります。

羊色は、自然の色と組み合わされ寄り添います。

大地の色には力があります。

力をもらい自分の好きな物になります。

もの作りの相棒

画像3

羊は相棒。

羊たちの存在があるからこそ手仕事が出来ます。

羊の毛を刈り取り、毛糸を紡ぎ編む。

羊は草を食べ、大地に生きる。

大地に立ち、ともに過ごす時間が源となっています。

羊たちが過ごす環境に気を配り、自然に生きる毛を使わせていただく。

羊たちと生きていかれる事に、心から感謝します。


ハマっています

画像4

幼い頃から編み物にハマり、衣類や身に着けるものを作っています。

帽子を作り始めたのは、20代の頃でした。

スノーボードで使うニット帽が最初だったと思います。

ツバ付きの帽子やハット、様々な形を編んでいるうちに、自分の好みの形を作る事にハマり、最近では中折れハットを編む事にハマっています。

そして、編みながら聴く音楽はとても大切な時の流れを作ります。

好きな曲を聴いて、好きな毛糸を紡ぎ編む事、とても幸せを感じます。

なくてはならない時間です。

羊とこれからも生きていきます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです
長野県安曇野市で羊と暮らし、毛糸を紡ぎ、編み物をしています。 帽子と毛糸と国産羊の原毛を販売をしています。 * 羊飼いの軒下Web店https://instabio.cc/20424mPNxeM * Line公式アカウント https://lin.ee/DVG3QVf