見出し画像

ブームとしてのDXは好きではないが

DX(Digital transformation)って言うワードがバズっている。
VCやスタートアップ、大企業までがこぞってDX, DX言ってる。

うまく言語化はできないけど、この感じは好きではない。
もやもやするなあと思っていたら、福島氏が言語化してくれていました。

イジゲンでは昔から受託案件としてクライアントのデジタル化をサポートしてきたし、自社サービスでもプラットフォームをつくり、多くの人がデジタル化を意識せずとも事業を変革できるようにしてきた。

ここで「DX」というパワーワードがムーブメントとなっていることは逆にありがたいことだと思ってきた。

僕たちがこれまでやってきたことが、「DX」という都合がよいムーブメントの波に乗り、より多くの人の目に止まるといいな。

『DX STUDIO』

イジゲンには、事業の立ち上げ(そもそも会社の立ち上げも)から資金調達、サービス企画、開発、UI/UX、CS/CX、営業戦略の立案など、事業の遂行に必要なあらゆる要素を実行できるメンバーが揃っている。

それは当然で、ぼくたちはこれまでワンプロダクト(=always)を命をかけて育ててきたし、グループ会社にはクライアントのサービス開発と運用を担う、多くのプロフェッショナル在籍しているからである。

ぼくたちはコロナによりプロダクトを一旦止めざるを得ず、組織も事業も変革しなければならないことを急に突きつけられた。でも、よく考えてみると、ぼくたちよりももっと事業が行き詰まっている企業や個人がたくさんいるんですよね。

ぼくたちが持っているリソースを活用することで、逆にそんな方たちが隆起するための力なれるのではないか。
そう思って、できることをメニューにまとめてみました。

これを『DX STUDIO』と名付けます。

これまでやってきたことを集約したものが「DX」というバズワードに乗っかって思いも寄らない人たちの元へ届き、『DX STUDIO』としてサポートさせていただくことで、思いも寄らない事業が日の目を見る。
こんなにワクワクすることはないなあ。

みんなでやれる方法はないか

このDX STUDIOの本質的な目的は、埋もれているポテンシャルを最大限に引き出すことと置きたい。

これをサポートする側の利権が最優先となってはいけないと思っていて、多くのサポーターがお互いをリスペクトしながら、独占欲に支配されないほど目的は達成されると思っています。

この『DX STUDIO』を基盤として、いろんなチーム(企業や個人)が持ち味を出して補完し合い、一つでも多くの目的が達成できるような仕組みが作れないかな?

これもまだうまく言語化できないんだけど、近い将来の新しい働き方、新しい企業と企業/企業と個人の関係性が作れそうな気がしているんだよなあ。
緩くて広い、且つ強固で密な結びつきというか。

一応ぼくのFBでそのような投げかけをしてみた所40社(名)の賛同を頂いたので、とりあえずSlackを作って運用してみようかなと思っています。
Slack上で、DX案件の内容によって得意なチームにお願いしたりできればいいのかな。

なにかいいやり方やアイデアがあればメッセージなどください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
シェアしてほしいな...
5
イジゲンCEO https://ijgn.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。