小財 仁(コザイ ヒトシ)

兵庫県西宮市出身。JFK株式会社 代表取締役。FfJS Association理事長。「日本のスマホ選びに、革命を」取材協力→フジテレビ、TBS、日本テレビ、テレビ朝日。取材依頼はHPまで。https://hitoshikozai.com/
    • 日本のスマホについて考える。

      • ¥550 / 月
      • 初月無料

      日本のスマートフォンを取り巻く環境は、いわゆる「ガラケー」時代からの独自性の強い発展を遂げてきた名残や、長年の大手キャリア3社(docomo、au、SoftBank)の市場独占により、あらゆる面で閉鎖的な環境であり、ユーザーに本当の意味での「選ぶ権利」が与えれれているとは言い難い環境である。今後日本の大手キャリアと消費者の関係はどのように発展していくべきか?を独自の観点で。そしてユーザー側が今後身に付けておくべき知識の発信、考察を行います。

固定された記事

初めましての自己紹介と、このnoteについて。

先ずは自己紹介を。 小財 仁(コザイ ヒトシ) 11月27日生まれ、兵庫県西宮市出身。 au(KDDI)の専属販売員としてキャリアをスタート。 その後、docomo、au、SoftBank等の大…

au(KDDI)「SIMロック解除ページ検索回避問題」について。

先日YouTubeにてお話しさせていただきました、8月末に私が以前在籍していた携帯ショップを退職するキッカケになった事件についてです。 当時様々なメディアニュースサイト…

200

【ココナラ】にて相談サービス受付中!!

こんばんは。 すっかり寒くなりましたね。 何だか秋をすっ飛ばして一気に冬が来てしまった感・・・ 皆様風邪など引かれないようにご注意を。 個人的には夏が大の苦手で・…

通信障害から考える「デュアルSIM」の有用性。

先日、10月14日に発生したドコモの大規模通信障害。 テレビやネットニュースでご覧になられた方も、実際にドコモを利用されていて被害に遭われた方も多いのではないでしょ…

200

ドコモ「2021年冬・2022年春商戦向け新機種」から感じる変化と課題。

本日(2021.10.06)、ドコモが2021年冬・20222年春商戦向けの新モデルを発表しました。 スマートフォンが8モデル。「ハイエンド」から「ミドルクラス」と呼ばれる普及価格帯…

150

注目の高まる「白ロム(中古スマホ)」購入時の注意点。

昨今ではスマートフォンの高額化に伴い、各社「エントリーモデル」「ミドルクラス」「ハイエンド」といった形で、消費者が本当に生活の中で個人が必要とする仕様、機能によ…