ひとみーぬぢ99d

『宇宙に外側はあるか』を読んだ感想 マルチバース、解釈問題の不思議とロマン

1年程前に購入し読んだ本。
・宇宙に外側はあるか (光文社新書)

内容は宇宙誕生の仮説から、今議論されている最新の宇宙論まで幅広く、丁寧に解説されています。


宇宙物理学って未知で複雑な世界すぎて、知ってもよくわからないだろうなぁと思っていました。


しかしこの本は宇宙論の基礎や観測方法、エネルギーの種類などを非常にわかりやすく、優しい言葉で丁寧に説明してくれます。


ゆっくりと読み進めれば「そうだったのか!」と初めて知ることのできる興味深い知識が沢山あると思います。

ビックバンの謎、最新の観測方法、宇宙エネルギーの説明

前半はビックバンなど宇宙誕生の謎観測方法について書かれています。

その後、宇宙の仕組みエネルギーの謎について説明されます。


ダークマター以外にもダークエネルギーという正体不明すぎるエネルギーが真空中に満ちているそうです。

これらの質量エネルギーを活用できれば、エネルギー問題も一気に解決する可能性もあるとか。

私が一番興味があったのは後半の章、本のタイトルの通り、宇宙に外側はあるのか?という部分です。


マルチバース、量子論の解釈問題の謎


マルチバースや量子論について、研究者の間で議論されている仮説や可能性についてとても詳しく書かれています。

特に量子論の解釈問題についての議論がすごく不思議で興味深い。


量子論の結果は正しい。でもなぜそうなるの?が謎


量子実験の答えは正しい、という事実はわかっているけれど、どうしてそうなるの?という部分が謎らしいのです。

結果が観察されるタイミング、条件が明確に確立されていないのですね。

その謎を解くために立てられた仮説は4つあり、中でも、エヴェレット解釈という解釈方法が興味深いです。

この続きをみるには

この続き:3,161文字/画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

三条ひとみの有料note記事が5本入っています。オピニオン、ライフハック系の記事を集めました。

または、記事単体で購入する

『宇宙に外側はあるか』を読んだ感想 マルチバース、解釈問題の不思議とロマン

三条ひとみ

280円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
ノマドワーカー。日常のぼやき、美容情報が中心のブログです。【ひとみーぬ通信】と【さんじょーのブログ】運営中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。