ノートひとみsじじえ

【美女の歴史】中世ヨーロッパでは色白で儚げな女性が美女の条件だった!?

図書館でおもしろそうだったので借りたこの本。
【美女の歴史:美容術と化粧術の5000年史 「知の再発見」双書】

主にヨーロッパの各時代の理想的な美女の定義が紹介されています。

古代~中世、現代までの美女の歴史

よくある「世界3大美女!」のように、偉人や貴族に限定したものではなく、その時代ごとに美しいと定義づけられてきた美女の傾向が紹介されています。


古代ギリシャの美女の定義


古代ギリシャでは
「清潔第一、肉体を適度に鍛え、心身の健康がなによりもの美!」

として、お化粧や装飾でごまかりたりしなかったそうです。

中世ヨーロッパの美女は不衛生!?

一方、中世ヨーロッパになると


・髪は2カ月ごとに洗うのが望ましい
・歯は1週間ごとに磨く


など、衛生基準が今では考えられない程低かったようです。

髪を2カ月洗わなかったら、臭くてギトギトで大変なことになりますよね(;´д`)
体臭の臭さは香水でごまかしてたらしい(ごまかしきれるのか?)

ノートひとみsじじえ

中世ヨーロッパ美女の条件は病弱であること!?


中世の美女の絶対条件は、手のひらを空にかざすと透けて見える位、白~い肌、だったらしいです。


しかもその白さは健康的な白さではなく、血色のない青白い肌です。


常に顔色が悪く、結核患者のような、病的で憂いがあり、儚げな感じが好まれたそうです。


そのため、健康な女性でも顔や体をまっ白に塗りたくり、自分で血管の青筋を腕に書いて病弱さをアピールしたとか( ゚Д゚;)


一時期のことだけど、いつの時代も変な流行りがあるものですね。

美白は中世美女の絶対条件


その後の中世でも色白というのは絶対的な美女の条件でありつづけたらしいです。


中世の女性(貴族、ブルジョワ階級以上)は外出時に日焼け防止用の顔面マスクを常に携帯し、顔をすっぽりジェイソンのように覆って外出したそうです。


その絵を見て私の持っている、あるアイテムを思い出しました!

画像2

フェイス オン ワンピ!!笑

中世からこういうのあったのですね(;´д`)


確かにこれのおかげで、昨年の夏は炎天下で自転車こいでも焼けませんでしたからね。


現代は「人工的な美」が好まれる!?

ちなみに美容の歴史的に見れば


・古代ギリシャは健康的な美
・中世は化粧でごまかしの美

という感じに美人のタイプは移り変わってきて、現代は【人工的な美】の時代だとか。


ごまかしでもなく、人工的な美。

それってつまり美容整形ってことですかね。
顔を手術で変えるなんて、昔じゃ考えられなかったのでしょうね。


あとはカラコンやつけまなども人工的な美というジャンルに入りそうですね。


現代は、CGのように2次元から飛び出してきたような、オシャレで人間臭くない美しさが流行りなのかもしれません。


中世ヨーロッパ女性のお化粧は大変!


中世ヨーロッパでは、今のようにコスメの技術が高くなかったため、お化粧は大変だったそうです。


蜜蝋を顔に塗りたくっていたため、暖炉のそばにいると溶けてドロドロになってしまいます。


そのため、冬でもできるだけ暖炉から離れ、寒さを我慢していたとか。
大変ですね(;´д`)


今は、肌に優しいコスメも充実し、洗顔料やクレンジングでササッとオフできる時代ですから、本当に恵まれています。


美しさを男性に媚びるための武器としてだけではなく、アートとして、自己表現として楽しめるのも「人工美時代」ならではの魅力だと思います。


まとめ


中世ヨーロッパという、なかなか馴染みのない世界の裏話を知れて、とても面白い本でした。


結局、美の定義は人それぞれ。


これが一番美しい!と一つにまとめることなどできませんが、流行り的なものはあるのだな、と感じました。


私はズボラなため、人工美は苦手なので、古代ギリシャのように清潔、自然な感じでうまく手抜きしながらケアしていきたいと思います。


ズラは上手く活用すれば、いい感じに人工美になりそうなので、ぜひフルウィッグが一般的に浸透すればいいと思います。


ちなみに日本の場合は、遊郭の女性達がファッションリーダー的存在として注目されていたようです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです(*´ω`*)
2
ノマドワーカー。日常のぼやき、美容情報が中心のブログです。【ひとみーぬ通信】と【さんじょーのブログ】運営中。