見出し画像

「ネット販売、始める前にしておくべきこと」(4)どうやって送りましょうか?

自分で作った一筆箋を、ネット販売してから3週間ほどが経過しました。

そんな現在思っている、ネット販売をする前に、やっておきたいこともろもろです。1回目はこちら。2回目はこちら。3回目はこちらです。

そして、今回は4回目。

送付方法(送料について)どうするか、です。

これまで客側としてネット販売に接してきた中で、送付方法や送料について漠然と思っていたのは、「保証がないと安い、保証(追跡)があるとちょっとお高め」ということ。実際に調べてみて、これに間違いはありませんでした。

送る方法っていろいろあるので、いったいどれにすれば……と思い、いろいろなサイトを見て回りました。これにも結構時間がかかりました。ネット販売する前には気づかなかった、でもとても必要な時間でした。

他のサイトで多く見かけたのが、以下の通り。

・定形郵便(重さによって価格変動)    ・定形外郵便(重さによって価格変動) ・クリックポスト(185円)(ただし、宛先などの印刷をする必要あり)   ・レターパック(ライト360円(10月から370円)/プラス510円(10月から520円))   ・宅配便(重さなどによって価格変動)


送付方法を考えたとき、私が解決すべきだったのは、

封筒をどうするか問題(新たに用意すると、また封筒を厳選しなくてはならないし、経費もかかる)

宛名は印刷じゃないほうがいい(私はプリンターを持たない方針(ってほどでもないけど)なので、コンビニ印刷。なので少しでも手間にならないためには印刷じゃないものにしたい)

一筆箋の冊数によって送料が変わらないといいな(梱包ごとに、送料を計算したりするのは、効率的ではないので)

といったところでした。


そんなふうに困っていたところ、私の使っているネット販売のサイトであるSTORESの送料について、(いまさら)説明書きを読んだところ、「1つの商品に対して、1つの送付方法しか設定できない」とのこと。わーお。

できれば、いくつかの送付方法を提示して、買ってくれた人に選んでもらえるようにしたいな、と思っていたのですが、それはどうもできないらしい。

(ものすごく細かく考えると、送付方法ごとに商品ページをつくることもできるんだけど、それだと、販売ページに来てくれた人たちが混乱するし、間違いも起こりやすいので、そうはしないでおきたいと考えました。)


そんな折、ちょっと見かけた本で、「スマートレター」というものを知りました。スマートレター、詳細はこちらですが、一筆箋を送るのにほどよい大きさで、指定の厚めの封筒のようなものがあり、送料も全国一律180円。しかも、ライトブルーで、ちょっとかわいらしいです。(追跡機能などはなし)

画像1

ということでまずは1つ買ってきて、一筆箋を2冊とか4冊とか梱包して、厚みや重さを計測。すると、4冊まではスマートレターのサイズ(A5サイズで、厚さ2センチまで、重さ1キロまで)に収まることが判明しました。

1冊500円の一筆箋を買っていただくのに、送料が360円とかって、ちょっと気持ちが下がっちゃう、けど、180円はぎりぎりアリかな、と思いました。

スマートレターでは送れない5冊以上を買ってくださる方には、レターパックライトなりレターパックプラスなりでお送りして、送料の差額はこちら負担にすればいいんじゃん、と。

なにより、「封筒を新たに用意しなくていい」というのが、大きかった。やっぱり封筒を選ぶなら、一筆箋と同じ雰囲気やトーンのものがいいけれど、私が今やっているのは、素敵なお店づくりではなくて、「一筆箋を売る場をつくること」なので、そこまで力を注げない。

としたら、封筒的なものが指定されていて、その封筒的なものがちょっとかわいらしいスマートレターは最高じゃないか、と思うようになりました。

ということで、スマートレターに、A4の紙1枚と、梱包した一筆箋4冊を入れて、一度自分宛てに送ってみました。試してみないとどうなるかわからないし。

すると翌日か翌々日には、無事に届きました。中身も問題なし。ということで、「スマートレター」に決定しました。

画像2

ちなみに、スマートレターは180円(10月からも値上がりしません)ですが、一筆箋の送料は200円です。

その内訳についてはこちらにも書いたのですが、梱包分です(正確には、梱包と納品書印刷分になります)。そうしたことをみなさんご了承くださり、大変にありがたいです。

ということで、一筆箋は、何冊買っていただいても送料は200円です。キリもいいし、高い感じはそこまでしないし、よかったと思います。実際、ここまでにトラブルもないですし。ああ、よかった。


ひとまずここまでで、「ネット販売、始める前にしておくべきこと」は終了です。このあともう1つ、noteを続けようと思います。つづきは、また後日!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます! いただいたサポートは、以降のnoteの記事に直接&間接的に活きることに使わせていただきます。

わーい!!
103
ライター。静岡市出身。1992年からいちファンとして、2002年からはライターとして、国内外フィギュアスケート全般を観戦&鑑賞。雑誌や書籍、世界選手権やNHK杯、アイスショーの公式プログラム執筆。スケートの一筆箋も(https://storehigasa.stores.jp/)。

こちらでもピックアップされています

一筆箋(「湖畔の午後4時」「土曜日の街で」)にまつわること。
一筆箋(「湖畔の午後4時」「土曜日の街で」)にまつわること。
  • 13本

長谷川仁美がつくった、スケートのある風景の一筆箋についてのnoteまとめ。ネット販売もしています。

コメント (4)
初めまして、自分はカフェ経営を目指していて、その準備段階でネット通販を始めていたので、スマートレターの記事参考になりました。
よろしければ、フォローをよろしくお願いします!色々書いています。
はじめまして。お読みいただきありがとうございます。
ネット通販、難しくはないけれど、意外と準備しておくことがあるんですよね。
お互いに頑張りましょう。
こういう細かいところの研究ができるのは、素晴らしいですね!
ありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。