新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

誰かに「ご飯を食べさせたい」というのは大きな愛情だと思う

今週はずっとパソコンの前に座り続けていて、いよいよ首の後ろがバキバキいいだしたので、お風呂にゆっくり入って温まろうかなと思っているところです(笑)そして、体に疲れがたまるもう1つの原因は、食生活。今日はその話を書きたいと思います。

■すぐに食べられるものに頼ってしまうことについて

「どんなに忙しくても、多少は食事に気を使いたい」、、、そう思ってはいるものの、買ってきてすぐに食べられるものに頼ってしまうのは、私だけではなく、みんな同じなのではないかと思います。

ここのところ、私の食事は連日セブンイレブンのおにぎりやサンドイッチです。こういう言い方をすると、悪いことのように受け止められるかもしれませんが、これには正直言って、とても助けられています。部屋を出て少し歩けばコンビニで美味しいものが手に入る。この状況に、大げさではなく、私の仕事は支えられていると思っています。

■「ご飯を食べさせたい」というのは愛情だと思う

仕事のことで悩んだり疲れているとき、具体的にいいアイデアを出してくれたり、手伝ってくれたりする人に支えられて、私は今の仕事を続けることができていると思っています。

でも一方で、仕事の具体的な手助けは何もしてもらっているわけではありませんが、度々私を引っ張り出して、ご飯をご馳走してくれる人がいます。「ご飯を食べさせてお腹をいっぱいにしてあげたい」という気持ちには、私は何よりも大きな愛情を感じます。精神的にかなり助けられているので、本当にありがたいなと思っています。

■子供たちにご飯を食べさせる活動

今日、ここにこんな話を書いているのは、「だから私にご飯をおごってね」と言いたいからでは、もちろんありません(笑)

連日の新型コロナウイルスの影響で、学校が休校になり、子供たちの食事の問題がニュースなどでも取り上げられていますが、私が編集・制作を担当している「未来の仕事屋」の連載に、ライターの大西桃子さんが先日こんな記事を書いてくださいました。

大西さんは、中野で無料塾の代表をされていますが、近隣の子ども食堂などとも連携して、今回の問題が起きる以前から、子供たちに「ご飯を食べさせる」ために様々な活動をしています。ご自宅の一室を自習部屋として子供たちに開放し、そこにきた子供には大西さんがご飯を作って提供しています。

材料などは、Amazonのほしいものリストに必要なものをアップして、ツイッターなどで呼びかけると、いつもあっという間に支援が集まるそうです。

「子供たちのお腹をいっぱいにしてあげたい……」そんな大きな愛情をもっている人たちがたくさんいるんだと思うと、私はいつも胸がいっぱいになります。

「あの人にお腹いっぱい食べさせてあげたい」そんなことを思える人がいること、自分にそんな愛情を向けてくれる人がいること、それはとても幸せなことだと思います。先日から、我が家のトイレットペーパー最終ロール突入問題で、少しギスギスした気持ちでいましたが(笑)もう少し今回の問題が落ち着いたら、私も大切な人たちと一緒にご飯を食べに行こうと思います。


<One of yesterday's work>

Yesterday, I was busy editing "& magazine".

Actually, we are offered to cooperate with this web magazine from various people. That is unexpected for us. In addition, "& magazine" which has just opened, is being accessed from abroad. I still don't speak English very well, but I'd like to focus on overseas communication in the future, too. Please look forward to it. Thank you.


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただいてありがとうございました。こちらのページへのサポートは不要ですので、そのお金で、一筆編集制作のコンテンツをお楽しみいただければと思います。

よかったら『フォロー』もよろしくお願いします。。。
10
編集者として、毎日いろんなことに挑戦したり、悩んだり、考えたりしていることについて書いています。●Web→https://hitofudess.wixsite.com/single-stroke /●Twitter→https://twitter.com/hitofude_ss
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。