見出し画像

理想的な服の買い方

私は今、ファッションブランドの方とお仕事をご一緒させていただいていることもあり、アパレルブランドに関するニュースをよくチェックしたり、自分自身のお洋服の選び方・買い方について考えることが多いです。今日は、私が「消費者」という立場から思う、服を買うときの正直な気持ちを書いてみようと思います。

■できれば試着して買いたい

私が一番理想的だと思う服の買い方は「試着してから買う」ことです。そのアイテムに合わせたい自分の服とのコーディネートを確認できるなら、よりいいです。

自分自身の服の買い方を振り返ってみると、まずはお気に入りのブランドがいくつかあるので、それぞれの新作をチェックしています。それから、ほしいと思うアイテムがあったり、決まった色・形・柄などがあるときは、ショッピングサイトで絞り込み検索をして探します。そこで候補を数点選んだら、店舗在庫を確認して直接お店に見にいきます。そして試着をして、その場で買うこともありますし、家に帰って改めてよく考えてから、ネットで買う場合もあります。

近くの店舗に在庫がなかったり、ネット限定商品だったり、直接見たり試着できない場合は、保留にすることが多いです。でも、どうしてもほしいものに関しては、とにかく情報を集めて「よし、これでいいと思う!」と確信できたタイミングで買っています。

■ショップへの足取りを重くするもの

「できれば試着して買いたい」と思ってはいるものの、私のショップへの足取りを精神的に重くするものがあります。

それは「ショップ店員さんからのプレッシャー」です。店員さんは「見るだけでもいい」「試着するだけでもいい」と口では言います。でも、心の中ではそんなふうに思っていないということは、お客さんにはしっかりと伝わるものです。本当に「見るだけ」「試着するだけ」で店を出ると、がっかりした顔をしていることもありますし、会話をしていて「ノルマがあるんだろうな」ということがはっきりわかることもあります。

それが、お客さんとしてはめちゃくちゃプレッシャーに感じます。

それからもう1つ。そのブランドの「すべてのサイズ」「すべてのカラー」を在庫としてきちんと揃えている店舗というのは、意外に少ないものです。「これのもう1つ上のサイズはありませんか?」「この形の別の色はありませんか?」と尋ねたときに、「それでしたら、ここから一番近くの◯◯店なら在庫がございます」と案内されることは本当によくあります。その場で比べることができず、もし「池袋→新宿→渋谷→池袋」なんてなったら、たらい回し感は半端じゃないです(実際には私はそんなに移動したりはしませんが……笑)。

試着がベストだとは思うものの、リアルな店舗に行くことは、お客さんとしてはそれなりにリスクもあるんです。

■こんなふうになったらいいな

そこで、私が以前からずっと思っている、自分のお気に入りのブランドが全部「こんなふうになったらいいな」と思っていることがあります。

それは、都内のどこか1店舗がショールームのようになっていて、全商品・全サイズ・全カラーがいつ行っても揃っていて、その場では購入することはできず注文はすべて家に帰ってからオンラインでする、という形式です。

もし、ショップがそんなふうになったら、店員さんからのプレッシャーも気にすることなく、在庫を気にすることもなく、思いっきり買い物を楽しめるのではないかと思っていました。

■これからの服の買い方は「人依存」

自分自身の消費行動を振り返ってみると、「失敗したくない」という気持ちが強く働いているのだということがわかります。満足のいく商品を「確実に選びたい」と思っているから、事前に試着したいとか、試着できないなら情報を集めたいとか、そんなことを考えるのだと思います。

昨日、ECエバンジェリストの川添隆さんのnoteに、こんな記事が投稿されていました。これは「#Withコロナ時代を生き抜くヒント」という連載コンテンツの第3部なのですが、こちらの連載、小売ビジネスをされている方はもちろん、そうでない方にもかなり勉強になる話が書かれているので、ぜひ読むといいのではないかと思います。

この中にもありますが、美容室では担当を予約するのに、ブランドのショップ店員とは一期一会の関係になりがちという話。

「確かにーーー!!!」

確かに、私自身もそうです。以前、このnoteにも書いたことがありましたが、私が今の美容室にずっと通い続けている理由は、値段や場所や技術よりも、担当美容師さんの「人柄」が一番大きいんです。その人に自分の髪を切ってほしいから行く、という感じです。

これから先、リアルな店舗に足を運ぶことなく服を買う場面が増えていくとすれば、私は「信用できる誰かのひと言」を、購入前の最後の確信を得る手段として必要とするようになるかもしれません。私の好き嫌いを理解してくれて、押し付けず、売り付けず、でも専門的な知識でアドバイスしてくれる、そんな自分の「担当の店員さん」がいてくれたら、心強いような気がしました。

自分専用のデザイナーやスタイリストがいるような人は、一部の特別な人たちだけだと思っていましたが、今後はそういうサービスも、もっと身近なものになっていくのかもしれません。


これから夏に向けて、昨年まで着ていた一部の服を捨てて、新しいものを買い足そうと思っているところです。服を着る楽しみを味わう前の、購入までのプロセスも楽しめたらいいなと思っています。


<One of yesterday's work>

Yesterday, I published a new article in this web magazine "& magazine" where I'm in charge of editing and production.

画像1

画像2

"Aracha" is a valuable tea that is usually found only in local. We also have a reservation sale of only 30 packs. If you are interested, please check it. 

Have a nice weekend!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただいてありがとうございました。こちらのページへのサポートは不要ですので、そのお金で、一筆編集制作のコンテンツをお楽しみいただければと思います。

よかったら「フォロー」もよろしくお願いします。。。
15
編集者として、毎日いろんなことに挑戦したり、悩んだり、考えたりしていることについて書いています。●Web→https://hitofudess.wixsite.com/single-stroke /●Twitter→https://twitter.com/hitofude_ss
コメント (2)
引用いただき誠にありがとうございます。嬉しいです。
わざわざコメントをいただきまして、ありがとうございます。引き続き、勉強させていただきます!!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。