見出し画像

11月17日。イサム・ノグチ「自然が最大の彫刻である」

イサム・ノグチ(Isamu Noguchi、日本名:野口 勇、1904年11月17日 - 1988年12月30日)は、アメリカ合衆国ロサンゼルス生まれの彫刻家、画家、インテリアデザイナー、造園家・作庭家、舞台芸術家。日系アメリカ人。

父親の野口米次郎は有名な英詩人、小説家、評論家、俳句研究者であった。母親のアメリカ人の作家で教師のレオニー・ギルモアについては、後年「僕の人生に、もっとも影響を与えたのは母親だった。母の苦労と、母の期待が、僕がいかにしてアーチストになったかと深く結びついているはずだ」とイサムは語っている。2010年に公開された日米合作映画「レオニー」はイサム・ノグチを育てた母レオニー・ギルモアの物語である。ドウス昌代『イサム・ノグチ 宿命の越境者』に感銘を受けた松井久子監督が7年の歳月をかけて完成させた作品だ。私はこの映画の中で神奈川県茅ヶ崎での生活、不登校となったイサム、そしてイサムの芸術的才能に気づきアメリカへ送り出す母親の愛情、、などを興味深く観た。

第二次世界大戦の勃発に伴い、在米日系人の強制収容が行われた際にはイサムは自らアリゾナ州の日系人強制収容所に志願拘留された。しかし、アメリカ人との混血ということでアメリカ側のスパイとの噂が立ち日本人社会から冷遇されたため、収容所からの出所を希望するのだが、日本人であるとして出所はできなかった。イサム・ノグチは二つの祖国を持っており、その悲哀を経験している。

「彫刻は不完全でいい。完成させるのは遊ぶ子どもたちや、季節、自然である」「肝心なのは見る観点だ。どんな物をも、一個の古靴でさえも彫刻となるものはその見方と置き方なのである」

ノグチは多作な彫刻家であり、ユネスコの庭園(パリ、1958年)、チェース・マンハッタン銀行ビルの沈床園(1964年)、IBM本社庭園(1964年)、、イェール大学ベイニッケ(バイネギーレア)図書館の沈床園、、、など世界中を舞台にし、1987年にロナルド・レーガン大統領からアメリカ国民芸術勲章を受勲している。日本でも、門(東京国立近代美術館、1962年)、オクテトラ、丸山(こどもの国の遊具、1966年)、万博記念公園の噴水(1970年)、つくばい(最高裁判所内、1974年)、天国(草月会館内、1977年)、土門拳記念館の庭園(1983年)、タイム・アンド・スペース(高松空港、1989年)、ブラック・スライド・マントラ(1992年)、モエレ沼公園(1988年 - 2005年)、イサム・ノグチ庭園美術館など膨大な仕事を残しており、1986年には日本の稲森財団より京都賞思想・芸術部門を受賞している。

イサム・ノグチは、1969年からは四国香川県の五剣山と屋島の間にあり庵治石の産地の牟礼町にアトリエと住居を構え、以降20年余りの間、ニューヨークとを往き来し制作に励んだ。1999年にできた「イサム・ノグチ庭園美術館」を訪ねたが予約制だったので入れず、外から見物したことがある。ノグチは「地球を彫刻した男」と呼ばれたのだが、自身は最大の彫刻は地球の自然であると語っている。ノグチの最大の師匠は大いなる自然であったのだろう。























この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
ひさつね けいいち。

こちらでもピックアップされています

久恒啓一の「名言との対話」誕生日編4
久恒啓一の「名言との対話」誕生日編4
  • 93本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。